緊急事態宣言の7都府県の休業要請 現時点では東京都のみ感染拡大防止協力金 最大100万円

緊急事態宣言の7都府県の休業要請固まる

7都道府県の休業要請が固まりました。
現時点で、休業に対する補償を打ち出しているのは東京都のみになります。

東京都
4/11からの休業要請
補償
1店舗:50万円
2店舗以上:100万円
神奈川県
4/11からの休業要請
東京都と合わせる見込み
埼玉県
4/13からの休業要請
不明
千葉県
4/14からの休業要請
東京都と合わせる見込み
大阪府
4/14からの休業要請
不明
兵庫県
4/15からの休業要請
不明
福岡県
4/14からの休業要請
不明

東京都から休業の協力金発表

都内では10日、新型コロナウイルスの感染の確認が、1日としてはこれまでで最も多い189人にのぼるなど、感染が急速に広がっています。
こうした状況をうけ、東京都は感染拡大を防ぐため、休業や営業時間の短縮に全面的に応じた都内の中小企業や個人事業主に支給する「感染拡大防止協力金」を創設しました。
店舗などが1つの事業者には50万円、2つ以上ある事業者には100万円をそれぞれ支給する方針で、小池知事は、「支給の方法は決まり次第、早急に発表する」と述べました。

東京都では休業に対する協力金が創設されました。
詳細情報の発表は今週を予定しているとのことです。

感染拡大防止協力金概要

概要
都の要請や協力依頼に応じて、緊急事態措置期間中、 全面的に協力頂ける事業者への協力金
対象
都内に事業所がある中小の事業者のうち、都の要請や 協力依頼を受け、全面的に協力頂ける事業者
支給額
50万円
(2店舗以上有する事業者 100万円)

出典:https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/007/655/20200410_3.pdf

東京都休業要請の対象店舗・内容

遊興施設は、キャバレー、ナイトクラブ、ダンスホール、バー、個室付浴場業に係る公衆浴場、ヌードスタジオ、のぞき劇場、ストリップ劇場、個室ビデオ店、ネットカフェ、漫画喫茶、カラオケボックス、射的場、競馬投票券発売所、場外車券売り場、ライブハウス等。

との発表があるためナイト店舗も対象になる見込みです。

ご留意頂きたい点(免責事項)

TRUSTタイムズの各コンテンツは、作成時点までの信頼できると思われる各種情報に基づいて作成されていますが、
その正確性、相当性、完全性などに対してTRUSTタイムズ及び情報提供者は責任を負いかねます。
TRUSTタイムズの情報は利用者の皆さまご自身の判断と責任で利用いただき、本ウェブサイトを利用することで生じたいかなるトラブルおよび損失、損害に対して、一切責任を負いかねます。
また、予告なしにウェブサイト運営の中断、中止や情報の変更を行うことがありますが、これらによって生じたいかなるトラブルおよび損失、損害に対しても責任を負いかねます。




多数の
お役立ち資料あり

ダウンロードはこちらから

LINE登録

ダウンロードはこちらから

関連記事

ガールズバー
カラオケ