エアコントラブルが水商売の売上に影響?「困った!」そんな突然のトラブルを未然に防ぐには、○○が重要?

例年通り暑かったこの夏。
エアコンをフル稼働させていたという店舗様も多いのではないでしょうか。

ただ、ちょっと待って?
そのエアコン、メンテナンスしたのはいつですか?
突然止まってしまったり、臭いがしたりと
実は少なくないナイトレジャー業でのエアコントラブル…

今回は、普段気にしないけど実はとても大事なエアコンについて「トラブルの原因」や「メンテナンス方法」など、皆さんの気になる疑問をお伺いしてきました。
教えてくださるのは、ナイトレジャー業のエアコン清掃も手掛ける株式会社Geekの松本さんです。

基本情報
社名 : 株式会社Geek
業態 : 清掃事業、通信販売事業、情報リサーチ処理事業、コンサルティング事業…その他
住所 : 埼玉県和光市白子1-1-9 2F
TEL : 048-486-9471(清掃事業)
HP : https://geek-cleaning.com/

エアコントラブルで一番多いのは、圧倒的に○○!?

――この夏も暑かったですよね…そんな暑い時期、ナイトレジャー業にももちろん欠かせないエアコン。トラブルがあれば、営業にも大打撃です。主に、どんなトラブルが多いのでしょうか?

松本さん
「圧倒的に多いのが、『突然使えなくなる』『変なにおい』の2点です。
1台のみのエアコンで回している店舗様は少ないにしろ、例えばVIPルームのエアコンが不調で使えないと、その分売上は下がります。弊社の場合、ご連絡頂ければ当日か翌日にはお伺いしますが、それでも困る店舗様は多いのではないでしょうか。」

――確かに!エアコンの不調が売上に直結するのは怖いですね…。では、そもそもなぜ止まるんでしょうか?

松本さん
「一番の原因は、ドレンパンに水が溜まっているからです。実は、暖房を使っている最中にエアコンが使えなくなることって滅多になく、冷房の使用中に突然止まるケースが多いんです。
冷房中は、熱交換器が常に濡れている状態のため、ドレンパンに水が結露して溜まったり、その水にほこりや汚れが付着すると、排出するドレンポンプがつまり、エアコンが止まってしまいます。」

――そうなると、業者さんに依頼した方がいいのですか?

松本さん
「そうですね。突然止まるくらいになると、最大で10リットルくらいの水が溜まっている可能性があります。そうなると、ご自身でどうにかできるレベルを超えているので、業者に依頼して清掃をすることをおすすめします。」

エアコン清掃の相場!気になる費用対効果はどれくらい?

――なるほど、止まったら連絡と。では、気になる清掃の金額ですが、1回あたりの相場はいくらなのでしょうか?

松本さん
「業者によって違いますが、2~7万円程度です。弊社だと、エアコンの分解清掃で1回2.5万円が基本です。年に1~2回の定期契約だと、もう少しお安くなります。」

――同じエアコン清掃なのに、そんなに違うんですか!

松本さん
「私たちは頂いた仕事を自社で全て行っているので、値段もできる限り抑えることができます。」

――なるほどですね。その金額に対する効果はどれくらいなんでしょう?

松本さん
「長期的なコストは間違いなく抑えられます。
特に業務用エアコンは30~40万円と高額です。メンテナンスをしないで5年や10年で交換するか、毎年メンテナンスをして20年持たせるかによって、長い目でみると大きく変わってきます。」

――メンテナンスをするとエアコンが長持ちするんですね。ちなみに、電気代は変わるのでしょうか?

松本さん
「飲食店の場合、年に1回の清掃で、電気代が1年で3~5万円変わると統計がでています。汚れが溜まると熱交換がしにくくなるため、空気を冷やしたり温めたりするのに、必要以上の電気を使ってしまうからでしょう。
洗浄代が2~3万円の場合、それでも1万円得しています。」

エアコン清掃のベストな頻度は?また効果的なタイミングってあるの?

――電気代も安くなるんですね!聞けば聞くほど、エアコン清掃を行うメリットがある気がします。ちなみに、エアコン清掃はどれくらいの頻度ですればいいんでしょうか?また、ベストな時期などはありますか?

松本さん
「ナイトレジャーの店舗様だと、半年もしくは1年に1回は、定期点検をおすすめします。
また、依頼が多い時期は夏ですが、実はベストは秋なんです。

熱交換器内の水分は、暖房に切り替えることでどんどん少なくなり、そうすると汚れが固まります。固まった汚れは取れにくくなるため、冷房の使用で溜まった汚れはすぐに落とすようにしましょう。
理想は、冷房を使う前(3-4月)と暖房を使う前(10月)の年2回です。そうすると、夏にエアコンが使えなくなるという可能性はほとんどなくなります。」

――では、いざ業者さんにエアコン清掃を依頼する場合、どれくらいの時間がかかるんでしょうか?また、どうやって清掃をするんですか?

松本さん
「業務用エアコンで1台当たり2~3時間、2台で3時間程度です。これには、高圧洗浄機や養生などの準備の時間も含まれています。
熱交換器は一番奥にあるため、まずはパーツをすべて分解し、その後高圧洗浄機で洗浄します。
弊社では24時間対応をしているため、ナイトレジャー業の店舗様だと、営業時間の前後やお昼の時間で行うことが多いです。」

――意外にすぐに終わるんですね!それであれば、あまり大掛かりにならなさそうです。その他に日頃からできる対策や自分で出来るメンテナンスはありますか?

松本さん
「業者による定期清掃のほかに、できればご自身で、1か月に1回はフィルターの掃除をすることをおすすめします。吹き出し口を濡れぞうきんで拭くだけでにおいの原因であるカビもとれるんです。
脚立を出して、濡れぞうきんで吹き出し口をふくだけなので時間としては5分だと思います。」

気になるにおいは自分で防げる!? 大事なのは毎月1回の5分

――エアコントラブルの2つ目の、変なにおいの原因はカビなんですね。

松本さん
「はい、においの主な原因は、吹き出し口についているカビやたばこのヤニです。。吹き出し口を濡れぞうきんで拭くことをお勧めします
しかし、以前、エアコン内にねずみの死骸がいて、それが異臭の元になっていたことがありました。同じビル内に飲食店があり、天井内でねずみが移動したようです。そこまでくると業者を呼ばないと取り除くのは難しいでしょう。」

――天井からきたねずみが原因…!そうなってくるとビルの問題でもある気がしますが、そもそもエアコンのメンテナンスは、店舗管理なのでしょうか?それともビル管理なんですか?

松本さん
「正直、ビルによって異なります。ただし、店舗様が自主的にエアコン清掃をして、ビル管理会社とトラブルになることはほぼないと思います。
もし、店舗管理になるか、ビル管理になるかわからない場合は、一度ビル管理会社に問い合わせてみてください。」

――まずは、問い合わせてから、エアコンのメンテナンスの計画を立てるのが良いかもしれません。では、最後にナイトレジャー業をされている方に役立つ豆知識みたいなものはありますか?

松本さん
「意外に知られていないのが、『冷房』『送風』『ドライ』の使い分けです。
営業中は冷房にしている店舗様が多いかと思いますが、さっき言った通り、冷房使用中はエアコン内に水が発生してしまうんです。その水を飛ばすためにも、例えば営業終了など、エアコンを止める30分前から送風運転にするのをおすすめします。すると、カビ防止にもなります。」

――なるほど!営業中の『冷房』⇒『送風』でさらに、エアコン環境が良くなると。

松本さん
「はい、実は、エアコンの環境は店舗環境の改善にも繋がると思っています。エアコン以外の清掃も手掛けているからこそ感じるのですが、清掃は目に見えるものから綺麗にしがちです。特に、エアコンは中の状態が分からないため、『動いていれば大丈夫』という店舗様は多いんです。
しかし、エアコンの定期清掃は『長期的なコスト安』『電気代の節約』に繋がるなど、メリットは多いです。
また、エアコンの清掃を怠ることで、目に見えないかびやアレルギー物質が飛んでしまうことを考えると、店舗環境にはよくありません。環境や従業員の方へご配慮頂ける方々にも、ぜひエアコンの定期清掃をお考えいただければと思います。」

 

水商売の経営に役立つノウハウをプレゼント



▼売上アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 売上UP編
▼税務調査の対策をしたい方▼
税務調査で知っておきたい4つの真実
▼開業して失敗したくない方▼
水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つのコツ


▼利益アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 リスク回避編
▼風営法対策をしたい方▼
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介
▼採用で失敗したくない方▼
キャバクラ経営者必見の面接まとめ&資料3点
▼勤怠管理を効率化したい方▼
簡単に始められるキャバクラ勤怠管理

スマホの人はLINEを登録して資料をゲット!
友だち追加