【経営者向け】ガールズバーオーナーの年収はいくら?期待できる収入と稼ぐためのコツを解説

本記事をご覧の方は、きっと上記のようにガールズバー経営に興味をお持ちなのではないでしょうか。

そこで今回は、ガールズバーオーナーの年収に関して以下の内容を紹介していきます。

読後はガールズバーオーナーの年収が分かり、きっと「稼げるガールズバーオーナー」を目指したくなるはず

これからガールズバーを始めようとお考えの方は、ぜひご覧ください。

ガールズバーオーナーの年収は大体いくらくらい?

結論からいいますと、ガールズバーオーナーの年収はおおよそ500万以上です。

なぜこのような曖昧な表現かというと、ガールズバーオーナーの年収は出店エリアやオーナーの手腕によって年収がかなり変動するから。

つまり、正直「人による」のが現実です。

しかし、ある程度お店を繁盛させることができるのであれば、年収500万円は十分稼ぐことができるといえるでしょう。

それに加え、

といったことができれば、年収2000万円以上近く稼ぐことも可能。

むしろ何店舗も増やしていけば年収の上限はないので、億レベルの年収も目指せるでしょう。

例えば上記は「年商」ではありますが、1店舗で億単位の売上をあげているようですね。

ここまでのまとめとして、ガールズバーオーナーの年収は

低く見積もっても500万円、年収1億も目指せる

といったところです。

【エリア別】ガールズバーオーナーの推定年収

エリアごとのガールズバーオーナーの推定年収は以下の通り。

いずれも下は「500万円」と少ない印象を受けますが、やり方次第では地方でも数千万レベルで稼ぐことも可能です。

また、これらは「1店舗ごと」の推定年収。

要するに複数店舗を所有すれば年収も増加しますので、ぜひそちらも覚えておいてください。

ガールズバーオーナーの年収が高い3つの理由

前章を踏まえ、「ガールズバーって意外と稼げそう」と思った方は多いでしょう。

それでは、なぜガールズバーオーナーはそこまで稼ぎやすいのでしょうか。

ガールズバーオーナーの年収が高い3つの理由をみていきましょう。

それぞれ解説していきます。

①水商売の市場規模が非常に大きい

そもそもの話になりますが、水商売は非常に市場規模が大きい業界。

市場規模が大きいということはそれだけ消費される金額が多いということなので、シンプルに「稼ぎやすい」業種なんです。

そんな水商売の市場規模は、ズバリ「2兆円」にも及びます。

これがどれだけ大きい数値かは、他の業界と比べてみるとわかるはず。

水商売は缶コーヒーや語学ビジネスより市場規模が大きく、理美容業界と同等のお金が動く業界。

それだけ消費者が多く需要が大きいので、正しいお店作りさえすれば、お客さんは来てくれます。

②ガールズバーは利益率が高い

続いて、ガールズバーはビジネスモデル的に利益率が高いです。

高い料理を出すわけでもありませんし、キャバクラなどの他の水商売よりも比較的人件費を安く抑えることも可能。

そんなガールズバーの平均的な利益率はなんと、「3割〜4割」と言われています。

ドリンクバックなどインセンティブ要素で変わってはくるものの、かなり利益を生み出しやすいモデルであることは間違いないでしょう。

③複数店舗を出店できる

ガールズバーオーナーは、お店の基盤さえ作ってしまえば自分の時間を作ることが可能。

つまり、その時間を他のビジネスに利用することができます。

その時間を使って2号店の計画を練ってもいいですし、全く別のビジネスを始めてもいいでしょう。

実際にガールズバーを複数店舗経営して稼いでいるオーナーも多くいます。

ガールズバーが軌道に乗ってきたら、ぜひ2号店出店を考えてみてください。

ガールズバーを経営して稼ぐためのポイント

最後に、ガールズバーを経営して稼ぐためのコツを3つ紹介します。

いきなり全てを実践しなくてもいいので、1つずつ経営に取り入れてみてください。

①売上目標をしっかり決める

ガールズバーで稼ぐためには、まず「売上目標」をしっかりと決めましょう。

目標とする数値はお店の立地やコンセプトによっても異なりますが、主に

1日の売上=1ヶ月の店舗の家賃分

を目標として掲げるのが一般的なようです。

つまりお店の家賃を20万円とすると、1日の売上目標は「20万円」、1ヶ月の売上目標はおよそ「600万円」となります。

あとはその目標を達成するため、現状と目標とのギャップを埋めていきましょう。

・客単価は大体1万円くらいだから、1日に20人呼べるようにしよう
・お客さんの回転率は高いから、客単価を上げるために新メニューを考えよう

売上目標あってこそ、上記の経営努力は意味を成します。

稼ぎたいのであれば、基本的に売上目標ファーストでの経営を心がけるようにしましょう。

②お客さんが楽しめるお店を作る

売上目標が大切だという話をしましたが、その売上を生んでくれるのはお客さんです。

よって、ガールズバーで稼ぎたい場合は「お客さんが喜んでくれるお店を作る」ことも忘れないようにしましょう。

例えばガールズバーでの売上の多くは「ドリンクの注文」ですが、ただキャストがドリンクをせがんでも、快く注文してくれるお客さんは少ないです。

それよりもお客さんが喜んでくれるお店を作り、お客さんが楽しんでドリンクを注文してくれる方が、結果として売上アップには繋がります。

そうなると、以下のような工夫が求められるでしょう。

このような工夫1つで客単価は自然と上がっていくはず。

お客さんに「お金を使わせよう」ではなく、「気持ちよくお金を使ってもらおう」と考えれば、自ずとアイデアが出てくるでしょう。

③売上データを分析する

最後に、ガールズバーでは売上データを分析することも大切です。

例えば、以下のような項目を把握できているかどうかで、経営戦略の立て方は異なってくるでしょう。

数字は嘘をつきません。

日々の数値を分析し、改善点や売れ筋商品を把握することで、有効な経営戦略を立案することが可能です。

とはいうものの、こういったデータを毎日エクセルで管理するのは骨が折れます。

そこでご利用いただきたいのが、弊社が提供するガールズバー専用のPOSレジ

ガールズバー専用のPOSレジを用いることで、以下のようなメリットを享受することが可能となります。

詳しくはTRUSTの詳細ページをご覧ください。

まとめ

今回はガールズバーオーナーの年収の相場について紹介してきました。

本文で述べたように、ガールズバーオーナーは最低でも年収500万ほど稼ぐことが可能です。

むしろ500万は最低限の年収であり、繁華街エリアで経営したり、2号店3号店と展開していったりすれば、億レベルの年収を稼ぐことも不可能ではありません。

しかしそのために重要となるのは、以下の事項。

特に3点目の数値分析を行うことは何よりも重要。

仮に売上目標を立てたとしても、現状の数字を把握できていなければ、埋めるべきギャップもわかりません。

また、「お客さんがいつ何に対してお金を使ってくれているか」を把握できていないと、お客さんが何に対して喜んでくれるかを把握することも困難です。

よってガールズバーオーナーとして稼ぎたいのであれば、ぜひPOSレジなどのツールも合わせてご活用ください。

繰り返しになりますが、弊社ではガールズバー専用のPOSレジを提供しています。

ガールズバーへのPOSレジを導入を検討している場合、気軽にお問い合わせください。




関連記事