人手不足はこれで解決!最小人数で店舗を回す3つのコツ

人手不足で悩んでいる全ての店舗の皆様へ
どこの店舗でも男性スタッフの不足が深刻な問題になっている中で、なんと男性スタッフ1名で効率よく店舗を運営されている店舗があります。春日部市にあるClub Iris様。今回は少人数でお店を回す秘訣について、店長の藤嶋さんにお話を聞いてきました。

基本情報
店舗名  Club Iris
ジャンル キャバクラ?
住所   埼玉県春日部市 中央1-6-4 寿第一ビル1F
TEL   048-755-7900
営業時間 21:00~LAST

現在の状況について

――Club Irisの基本情報を教えてください。

藤嶋さん「Club Irisは2015年にオープンしたニュータイプのキャバクラです。テーブル数は6卓、お客様は市内在住の方がメインで、常連のお客様が多いです。キャストは在籍数15名で、5~9名の女の子が常時出勤しており、未経験の子がほとんどですね。」

――現在、ボーイは何名で運用していますか?

藤嶋さん「ボーイはおらず、男性スタッフは私1名で運営しています。」

――1名で回されているとは驚きですね!その秘訣はなんでしょうか?

藤嶋さん「ずばり、キャスト自らが動くお店にしたことです。
実は、以前インフルエンザになり、お店に出られなかったことがあったんです。当時も男性スタッフは私一人、しかし今とは違いお店の業務を一手に引き受けていました。結局、系列店のママが手伝ってくれて何とかなりましたが、そのときに『すべてを自分一人で管理すると安心だけど、自分がいないと回らないお店になってしまう』と感じました。
今では付け回しから会計、お店の施錠までキャストたちに手伝ってもらっています。」

――なるほど、それがニュータイプということですね。新しいスタイルはお客様には受け入れられましたか?

藤嶋さん「ありがたいことに受け入れられました。もともと地元密着型だったため、お得意様が多かったんですが、キャストがお店の業務を手伝ってくれるとさらに「アットホーム感」が生まれました。結果として、その変化がお客様の満足につながりました。

例えばタバコの吸い殻。キャバクラでは1本か2本での交換が普通ですが、忙しいときはタバコが溜まってしまうことがありました。キャストに手伝ってもらい、灰皿の交換を行なっていましたが、交換中はお客様を1人にしてしまうことがあったんです。

今ではキャバクラの常識にとらわれずに、一般的な丸型の灰皿から吸い殻が溜まっても失礼になりにくい大きめの灰皿に交換しました。これにより、灰皿の交換頻度を最小限にして、キャストが常にお客様の隣につけるようになりました。

キャバクラのあたり前にとらわれるよりもお客様のご満足の方が大切ですよね。今では、お客様が楽しんでくださればどんなジャンルでもいいんだと感じています。」

――しかし、肝心のキャストから抵抗がありそうです。そちらもスムーズに受け入れられたんでしょうか?

藤嶋さん「受け入れられました。もともと未経験の子が多かったことと、TRUSTを導入したことが要因です。TRUSTを使うと、例えば、これまで面倒だった会計作業が、iPad上でタッチするだけになりました。これが紙伝票だと、女の子も抵抗感があったと思うんです。女の子たちの素直さと、覚えやすくシンプルな作業にしたことに助けられました。」

実際の業務内容

――どの仕事をキャストに手伝ってもらっているか気になります!

具体的に、開店準備から締め作業までどのようにキャストと役割分担をしているのか教えてください。

■開店準備

私自身は17:00に出勤して清掃を行います。キャストの子が出勤するのは、20:30過ぎですね。今のスタイルにしてからは、彼女たちみずから30分早く出勤し「ガラスを拭きましょう」や「炭酸が少ないので、注文をお願いします」など、お店のために積極的に提案をしてくれます。お客様が入るまでの時間を生きた時間にしようと、作業や面談を行うこともあります。

■お客様のご来店

21:00~22:00頃に最初のお客様が来店をされます。いらっしゃったら私がお客様の案内をして、指名とお飲み物を確認します。その際、指名があればその子がおしぼりを、別の子がアイスをお持ちしますね。炭酸が必要だったら「私が持っていくね」など、キャスト内での声掛けも積極的です。

■付け回し

基本的に私が付け回しを行いますが、不在時はキャストに行なってもらいます。付け回しができるキャストが2名いるんですよ。その際は、事前にキャストにアドバイスをするためにポストイットにメモ書きをしてTRUSTに貼り付けます。運営上キャストも私も必ずTRUSTを見るので、何か伝言がある場合は、TRUST周辺で共有するようにしています。

■注文

ドリンクの注文が入ったら、キャスト自身がTRUSTに入力し、空いている女の子がお酒を作ります。ポイントは、キャストに注文を聞かなくていいように、女の子ごとに飲むドリンクを決めボードで管理していることです。これにより、キャストドリンクの注文が入った際は近くのキャストがボードを見ながらドリンクを作ることができ、2名で接客中は1名だけ席を立って、2人分のドリンクを作ります。基本的にお客様が1人にならないようにしてますが、全員が接客中の場合自分のドリンクはキャスト自身で作ります。しかしメリハリをつけるため、シャンパンやボトルを開ける場合は私が行いますね。
また、カラオケを頂いた場合も、自身でTRUST画面をワンタップし、機械を持ってテーブルに戻ります。

■お使い

たばこの購入など、お客様のお申し付けや外出しなければならないときは、私が行います。

■洗い場

テーブルを片づけたり、洗い場に立つのもキャストです。このスタイルにしてから、一番にお店のお客様のこと、次に自分のお客様、そして最後に自分だという認識がキャスト内で浸透しました。キャストもたまに休憩したいと思いますが、まずはテーブルを片づけるなどお店のために動いてから休憩しています。

■お会計

基本的に私が行いますが、会計もできるキャストが2名います。出勤日が多く責任感の強い子たちですが、だからってその分手当てをつけているわけではないんですよ。むしろ、売上金額が残る以上、何かあったときは自分も含めて3人で責任をとるといっています。
それでも積極的にお店に関わってくれる彼女たちに感謝ですね。

■送り

私と専用ドライバーの2名で、系列店も含めて送りを行います。私が早上がりのキャストを送ることがありますが、そのときに店内に会計ができるキャストがいることがありがたいです。営業時間内に戻れない場合、鍵を管理できるキャストがメイン入り口の戸締りをして、彼女たちが着替えている間に私が裏口から戻るという連携をしています。

■締め作業

締め作業は、営業終了後にTRUSTで私が行います。営業中の操作は女の子にもお願いしていますが、管理画面はお給料などが書いてあるため、運営のみが触るという線引きも大事だと思っています。

最小人数でお店を回すために工夫していること

――藤嶋さんがお店にいらっしゃらないときは何をされているんですか?

藤嶋さん「系列店舗にいくことが多いですが、私自身がお客様について勉強しているというのもあります。例えば系列店までの道中にほかのお店の繁盛具合をみたり、SNSの運用について考えたりです。
キャストたちはほとんどが未経験のため、お客様をどう呼ぶかは試行錯誤中です。彼女たちがお店の運営に積極的な分、お客様をどう呼ぶかについては私も知恵を絞るつもりです。」

――まさにお店一丸となっての運営ですね。では、藤嶋さんが考える『少人数で店舗運営を成功させる方法』を教えてください。

藤嶋さん「一番大切なのは、キャストにお店側に立ってもらうことです。そのため、うちでは彼女たちに売上や管理費を共有しています。待機時間もお給料が発生していることや、なぜお客様と連絡をとるのかなど、理解するには同じビジョンを持たないと分かりませんよね。そのためにキャストとの面談やディスカッションを積極的に行なっています。3人~4人のグループに分かれて「お客様は何を求めてお店に来るのだろうか?」について定期的に話していますね。」

――人材確保が難しいいま、同じように人手不足でお困りの店舗様も多いです。そんな方にメッセージをお願いします。

藤嶋さん「もし困っている方がいるなら、抱え込まないでくださいと伝えたいです。キャストの中にはあなたの大変さを見ている子もいます。もちろん彼女たちに見せられない情報もありますが、実はドリンクのボード管理を考えたのもキャスト自身なんですよ。少人数で頑張れることには限界があります。頼れるとこは頼って、みんなで作り上げるお店を目指してみてはいかがでしょうか。」

今後はどのようにしていくのか?

――最後に、今後お店をどのようにしたいですか。

藤嶋さん「今より離れても安定して回る仕組みを作りたいです。実はこの3月にバーカウンターを作るなど、店舗のリニューアルを予定しています。3年目にして再スタートですが、今後も当たり前にとらわれず、お客様の満足を考え続けてチャレンジしたいです。」

 

水商売の経営に役立つノウハウをプレゼント



▼売上アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 売上UP編
▼税務調査の対策をしたい方▼
税務調査で知っておきたい4つの真実
▼開業して失敗したくない方▼
水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つのコツ


▼利益アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 リスク回避編
▼風営法対策をしたい方▼
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介
▼採用で失敗したくない方▼
キャバクラ経営者必見の面接まとめ&資料3点
▼勤怠管理を効率化したい方▼
簡単に始められるキャバクラ勤怠管理

スマホの人はLINEを登録して資料をゲット!
友だち追加