今がチャンス!キャバクラ・ガールズバー・スナックなら軽減税率補助金を使おう

軽減税率対策補助金という制度をご存知でしょうか。
最初に言えることは、ガールズバーやスナックを経営している方にとって、とても「お得な制度」であり、逆に「知らないと損」になるということです。

補助金制度を活用できれば、とてもお得にPOSシステム導入できます。

2019年9月30日まで 2019年10月1日以降
・iPad:18,900

・レシートプリンタ:14,950

・初期導入費用など:15,000

・iPad:37,800円

・レシートプリンタ:59,800円

・初期導入費用など:60,000円

合計金額 48,850  157,600

2019年9月30日までは、水商売POSシステム「TRUST」が、70,950円OFFの157,600円→48,850円(約70%OFF)で導入できます!!!

そこで今回の記事では、軽減税率に関して以下の3点についてわかりやすく解説をしていきます。

  • 軽減税率補助金とは何か?
  • いくらの補助金がもらえるか?
  • 申請の期間

しっかりと軽減税率について理解をして、賢い経営していきましょう。
では、制度と申請について一緒に見ていきましょう。

キャバクラ・ガールズバー・スナックで使える軽減税率補助金とは?

この制度を使うことによって、より仕事の効率が良くなり、補助金ももらえるかもしれません。
そこでまずは

  • 軽減税率とは
  • 補助金制度について

について簡単に説明していきます。

軽減税率とは?

2019年の10月から消費税が8%から10%に上がります。
現在の消費税では全ての商品が8%となっており、商品によっての違いはありません。
しかし、消費税が10%になると低所得者にとっては負担が大きくなってしまいます。そこで、低所得者への配慮として生活必需品などは消費税が8%のままになります。
これが軽減税率です。
国民の負担を「軽減」するために一部商品の「税率」を下げるということになります・

軽減税率に対応しているPOSシステムを導入すると補助金が出る

しかし、この制度が始まると消費税が違う商品(軽減税率商品と標準税率商品)が出てくるため、会計が面倒になります。
10%の商品と8%の商品が一つのお店で同時に扱われることがあります。
紙で計算を行っている店舗にとっては面倒ですよね?
このような面倒な制度を始めるにあたり、国は対策をしなければなりません。
よって、複数の税率に対応しているPOSシステムの導入に対する補助金を国が支給するのが軽減税率対策補助金という制度です。
水商売POSシステム「TRUST」は複数の税率に対応しています。
この補助金制度が始まる背景は、あらゆるお店が軽減税率に柔軟に対応してほしいという狙いがあります。

キャバクラも補助金支給の対象に!

支給対象者が変更になりました!
これまでは、風営法許可を取っている店舗(キャバクラ)は補助金支給の適用対象外でしたが、変更により風営法許可を取っている店舗(キャバクラ)も適応対象になりました。

※注意
これまで:風営法許可をとっている店舗(キャバクラ)は軽減税率の対象外
深夜酒類提供飲食店のみ(ガールズバーやスナック)が軽減税率の対象
これから:風営法許可をとっている店舗(キャバクラ)も軽減税率の対象に!!!

水商売POSシステム「トラスト」はこの軽減税率に対応できます。
水商売POSシステム「トラスト」を導入して、変更に柔軟に対応しましょう。

キャバクラ・ガールズバー・スナックではいくらの補助金がもらえるのか?

まずPOSシステム導入に対して、大きく分けて2つの側面でお金が補助されます。

  • レジ周辺機器(iPad・レシートプリンタ)への補助金
  • 導入費用への補助金

それではその2つの側面から具体的にどれだけ補助金が出るのか説明していきます。
※以下では税別価格を提示しております。

iPadが50%OFF

37,800円 → 18,900円
POSシステムを使うためのiPad(定価37800円)がなんと実質半額で購入することができます。
これだけ割り引かれるのであれば、POSシステム導入に一歩踏み出せない方もこの制度を機に始めようと思ったのではないでしょうか。

レシートプリンタが実質75%OFF

レシートプリンタ本体の3/4(小数点以下切り捨て)分の補助金が支給されます。
59,800円 → 14,950円
定価59800円のレシータプリンタは1/4の14950円で購入することができます(別途消費税がかかります)。

初期導入費用が75%OFF

店舗の料金システムや給与体系を頂き、弊社のサービスで自動集計できるように設定します。
費用は店舗のシステムによって変わりますが、割り引きの対象になります。

設置に関わる費用が75%OFF

弊社サービスを使うと、データがクラウドで管理できるようになります。
そのため、いつでもどこでもお店の売上を確認することができます。
サーバーの設置費用も店舗によって変わりますが、こちらも割引の対象です。

いつまで申請が可能なのか?

補助金制度には期限があります。
いずれやろうと思って後回しにしていると、期限を過ぎてしまう場合がありますのでご注意ください。お仕事で忙しいと思われますが早めの対応をお勧めします。
水商売POSシステムの導入を検討されている方は弊社にお問い合わせください。
03-6300-9166
具体的には、2019年12月16日までが国への申請期限です。しかし、申請はPOSシステムの支払いを終えてからのため、2019年9月30日までの購入が必須になっております。

軽減税率の申請はどのように行うのか?

上記のように説明しますと、購入してから国に面倒な申請もしないといけないのかと思った方もいらっしゃると思います。
しかし、そこは軽減税率サポートセンターが申請におけるサポートをしますので、ご安心ください。

まとめ:キャバクラ・ガールズバー・スナック経営者は軽減税率のチャンス!

  • 軽減税率への補助金制度を活用しないと損!
  • 今のうちに補助金制度を活用できれば、とてもお得にPOSシステム導入可能に!
  • 2019年9月30日までの購入。POSシステム導入を検討されている方は早めの決断を
  • 面倒な政府への申請の手続きは弊社がサポート

POSシステム導入や申請手続きは多少面倒なこともあるとは思われます。
しかし、軽減税率と標準税率が始まることによって従来のレジのままであったとしても面倒な作業や混乱が生じることが予想されます。
ですから、大きく割引されているこの時期がチャンスです。
是非ともこの機会に、水商売POSシステム「TRUST」を導入し、軽減税率の導入後も賢い経営をしていきましょう。

伝票無料キャンペーン

水商売の経営に役立つノウハウをプレゼント



▼売上アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 売上UP編
▼税務調査の対策をしたい方▼
税務調査で知っておきたい4つの真実
▼開業して失敗したくない方▼
水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つのコツ


▼利益アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 リスク回避編
▼風営法対策をしたい方▼
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介
▼採用で失敗したくない方▼
キャバクラ経営者必見の面接まとめ&資料3点
▼勤怠管理を効率化したい方▼
簡単に始められるキャバクラ勤怠管理

スマホの人はLINEを登録して資料をゲット!
友だち追加