キャバクラの伝票ってどれがいいの?選び方とおすすめの紹介

伝票10円キャンペーン

「キャバクラの開業を考えているけど伝票の選び方がわからない…」
「飲食店で使うような一般的な伝票を使うつもりだけど…」
と思っているキャバクラオーナーさんはいませんか?

キャバクラ用の伝票って文具店やディスカウントショップには売っていませんし、インターネットで探しても丁度いいものがなかなか見つかりません。

これだ!というものが無いので、系列によって使う伝票の種類は様々です。

そこで今回の記事では、

  • キャバクラ開業に向けてまだ伝票を買っていない
  • そろそろ伝票を変えようか迷っている
  • 今の伝票が使いづらい・ミスが発生する

という悩みを解決するために、

キャバクラ用伝票のプロであるトラストタイムズが、キャバクラ用伝票の選び方とおすすめの伝票を紹介していきます。

トラストタイムズはキャバクラ伝票のプロ

トラストタイムズが伝票のプロってどういうこと?と疑問を持った方が多いと思いますので、なぜトラストタイムズが伝票に詳しいかについて説明させてください。

トラストタイムズはナイトレジャー業界専用のPOSレジ「TRUST」から生まれたWebメディアです。
メディアを運営していると、多数のキャバクラ経営者の方々からオペレーションや会計周りに関しての悩みが寄せられます。

オペレーションと会計どちらにも関わってくるのが伝票です。

「伝票がわかりづらいせいで会計の金額が合わない」
「この欄に入れる内容を変えたらオペレーションが楽になった」等々

伝票についてヒアリングを繰り返す中で、いい伝票・悪い伝票というものがはっきりとわかってきました。

今回の記事では私達が持つ伝票ノウハウを余す所なく紹介していきます!

キャバクラ伝票の種類 メリット・デメリットも解説

キャバクラで使われている伝票には以下の3種類にわけることができます。

  • オリジナルデザイン伝票
  • 飲食店用伝票
  • キャバクラ用伝票

無地の伝票を使っている店舗も稀にありますが、利便性が悪い上にコストもさほど変わらないためおすすめしません。

ここから3種類の伝票それぞれの特徴・メリットデメリットを紹介していきます。

オリジナルデザイン伝票

店舗のコンセプトやイメージに合わせて、デザイナーにデザインを外注し、印刷するという形になります。

内装や衣装と揃えることで、店舗のブランド力を上げることが可能です。

デザイン料・版代・印刷費など、コストが嵩むこと。
一度そのデザインで作り始めると他のデザインに変えることが困難なので、使ってみて不満が出ても使い続けるしかないというデメリットがあります。

飲食店用伝票

飲食店で一般的に使われている伝票を使っている店舗もあります。

後述するキャバクラ用伝票と違い、文具店やディスカウントショップ、Amazon等のオンラインショップでも販売されています。
競合が多いため、うまく探せば高いクオリティの伝票を安く手に入れることができます

指名欄や入店時間、税サ等のキャバクラ用の入力欄が用意されていないものがほとんどであるためオペレーションや会計に支障が出る可能性があります。

キャバクラ用伝票

基本的には飲食店用の伝票と似たようなレイアウトですが、指名欄や入店時間、税サ、延長などキャバクラに適した入力欄がある伝票になります。

書くべきことと書くべき場所がわかりやすいので、書く人によって表記のゆれが出にくい教育が簡単というメリットがあります。

デメリットとして飲食店用伝票に比べて種類が少ないこと値段が少し高いことが挙げられます。

伝票の選び方

まず、開業を考えている方にはオリジナル伝票はおすすめできません。
ブランディングができるというメリットはありますが、コストが高く方針の変更が出来ないので、経営が安定してきてから考えることを推奨します。

そうなると飲食店用伝票とキャバクラ用伝票の2択になります。
飲食店用伝票はコストが安く機能性が低い、キャバクラ用伝票はコストが高く機能性が高いです。
つまり、コストを取るか機能性を取るかということです。

飲食店用の伝票でも工夫次第でオペレーションを楽にすることも可能なので店舗の努力次第とも言えるでしょう。

営業の声

日頃店舗を分析しているTRUSTの営業メンバーに伝票についての意見を貰ったので参考にしてください。

店舗の雰囲気やオペレーションで伝票を決めていることが多いです。取りこぼしが多いなら複写式のちぎり伝票にしてミスを防ぐなど。
クオリティが高い伝票を使っているから売れるのではなくて、売れているからいい伝票にするのだと思います。
数年で店をたたむことを考えているケースもあるので店名は無理にいれないところが一定数あります。 

全体的に伝票のデザイン性やクオリティは売上に直結しない・機能やコストで選ぶ方が良いということがわかると思います。

トラストタイムズがキャバクラ専用伝票を作りました!

ここまでで、
機能とコストで伝票を選ぶべき
機能とコストは比例することがほとんど
デザイン性と売上は関係ない
ということを説明してきました。

結局機能を取るかコストを取るかで悩んでしまう方に、トラストタイムズがいいとこ取りの提案をさせていただきます。

下の伝票が今回トラストタイムズが開発したものになります。

この伝票の特徴は大きく分けて3つあります。

  • 入店退店時間、卓番、税サ、など最低限必要な機能を網羅
  • 店舗ごとに大きく異なる指名や同伴の欄はあえて省き、フリースペースを多くとることで柔軟に対応可能
  • セット料金、延長の欄が予め用意されているのでオペレーションが高速に

機能に関してだけでもかなりのものなんですが、トラストタイムズ特製伝票の売りは価格です。

大ロットで発注をすることでコストを抑え、5冊で1000円という価格を実現しています。

この時点で購入したくなった方は少し待ってください。
お得に買えるクーポンを入手できるチャンスがあります。

なんと今ならトラストタイムズ特製伝票が10円で買える!

10円でキャバクラ用伝票が買えるので開業する方や今まで飲食店用伝票を使っていた方には、キャバクラ用伝票を試すチャンスです。

私達トラストタイムズは伝票の発売に際して、「TRUSTナイトマーケット」というECサイトをオープンしました。

このTRUSTナイトマーケットを盛り上げるためにオープン記念キャンペーンとしまして、伝票5冊セットが10円で買えるクーポンを発行しています。

クーポンコードの入手法は、商品ページ下部にあるアンケートに答えていただくだけです。
アンケート自体も1~2分で終わるものになります。

クーポンは数量限定ですのでお早めにご参加ください。

キャンペーン参加はこちらのバナーから!

まとめ:キャバクラ伝票はコスパ重視で選びましょう!

今回の記事では、

  • オリジナルデザイン伝票は店舗が売れてきてから
  • 飲食店用にするかキャバクラ用にするかはコストと機能性の兼ね合いで決めましょう
  • トラストタイムズ特製伝票ならコストと機能性のいいとこどり!

以上の点について紹介してきました。

コストパフォーマンスを重視して、使いやすい伝票を手に入れましょう!

伝票10円キャンペーン

水商売の経営に役立つノウハウをプレゼント



▼売上アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 売上UP編
▼税務調査の対策をしたい方▼
税務調査で知っておきたい4つの真実
▼開業して失敗したくない方▼
水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つのコツ


▼利益アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 リスク回避編
▼風営法対策をしたい方▼
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介
▼採用で失敗したくない方▼
キャバクラ経営者必見の面接まとめ&資料3点
▼勤怠管理を効率化したい方▼
簡単に始められるキャバクラ勤怠管理

スマホの人はLINEを登録して資料をゲット!
友だち追加