コンカフェ経営にはPOSレジがおすすめ!コンカフェ専用「TRUST」について解説

コンカフェを経営者の中には、数字管理や業務効率化のために「POSレジ」を導入しようか検討している方も多いはず。

しかし、POSレジ導入を検討する際、

上記のような疑問をお持ちの方はいませんか?

本記事では、コンカフェ経営にPOSレジが役立つか?という疑問に対して、以下の内容を解説していきます。

POSレジを利用しようかお悩みのコンカフェオーナーは、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

コンカフェ経営に役立つ「POSレジ」とは?

中には「そもそもPOSレジってなに?」と疑問をお持ちの方もいるでしょう。

一言で言えば、POSレジとは「売上分析機能がついたレジスター」のことです。

POSレジは通常のレジ機能に加えて、「何が・いつ・いくらで・何個売れたのか」などの情報を管理できるため、です。

ちなみにPOSは「Point Of Sales」、日本語で「販売時点情報管理」を意味します。

そしてそんなPOSレジは、主に以下3種類に分類できます。

それぞれ簡単に概要を見ていきましょう。

パソコン型POSレジ

パソコン型POSレジは、パソコン内にPOSシステムをインストールして使うタイプのレジとなります。

導入コストがそれなりにかかり、PCで操作を行うため、慣れていないスタッフへの教育には時間を要するでしょう。

ただようです。

なお価格帯で言いますと、後述のターミナル型POSレジとタブレット型POSレジの中間くらいに位置するイメージです。

ターミナル型POSレジ

おそらく多くの方に馴染みがあるであろうターミナル型POSレジは、従来のレジにPOSシステムが組み込まれたものになります。

です。

コンビニやスーパーなどかなり大規模なお店で取り扱われることが多く、おそらくコンカフェで導入している店舗はあまりないかと思われます。

タブレット型POSレジ

3つ目のタブレット型POSレジは、iPadなどのタブレット型端末にPOSシステムをインストールして利用するレジです。

軽量で持ち運びしやすく、場所を取らない点も優秀です。

総じて最も導入しやすいPOSレジであるため、コンカフェの規模感を考えると、タブレット型が一番扱いやすいかもしれません。

コンカフェ経営でPOSレジを導入するメリット

まずはPOSレジの概要についてみてきましたが、POSレジを導入することで、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょう。

具体的には、以下4つが挙げられます。

それぞれ詳しく紹介していくので、自店舗に取り入れたらどれだけプラスになりそうか、想像しながら読んでみてくださいね。

会計業務を効率化できる

コンカフェにPOSレジを導入するメリット1点目は、「会計業務を効率化できる」ことです。

またお客さん側からしても、手書きの伝票よりも、機械で出されたレシートを見た方が安心・信頼してお会計を済ませられることでしょう。

スタッフの不正防止が図れる

続いてメリット2点目は、POSレジを導入することで「スタッフの不正防止を図れること」。

先程の話と関連しますが、手書き伝票ですとスタッフは正直不正し放題です。

例えば・・

などなど・・。

伝票を使ってコンカフェ経営をしている人もいるかもしれませんが、伝票だとこのように様々な不正ができてしまいます。

しかしです。

このように、POSレジを導入することでお店のお金を守れるのはもちろん、スタッフの不正を疑わなくて済むようにもなります。

給与計算が効率化できる

POSレジ導入のメリット3点目は、「給与計算が効率化できる」ことです。

具体的にいうと、

現状、指名やドリンクバックの計算にかなり時間をかけてしまっているコンカフェも多いのではないでしょうか?

しかもこのように、計算ミスなどをしてしまえば、キャストからの不信感にも繋がってしまいます。

よって、ぜひPOSレジを導入し、インセンティブの計算時間の短縮と、計算ミスの排除という2つのメリットを享受してみてください。

POSレジには様々な種類のものがあり、全てのPOSレジが給与計算機能を搭載しているわけではございません。

ぜひ給与計算機能を搭載している、コンカフェ専用のPOSレジを選んでみてください。

各種データ管理が行える

POSレジを導入するメリット4点目は、「各種データ管理が行える」ことです。

POSレジでは「何が・いつ・いくらで・何個売れたのか」を管理することができますが、ようになります。

例えば・・

などなど。

数字という確かなデータを元にすることで、適切な施策を打ち出すことが可能となります。

時々、です。

数字を使いこなせる方にとっては、こちらはコンカフェにPOSレジを導入する際の最大のメリットにもなり得るでしょう。

ぜひ数字を活用した論理的な経営を心がけてみてください。

コンカフェ経営にはPOSレジ「TRUST」がおすすめ

ここまでコンカフェ経営にPOSレジがおすすめだと解説してきましたが、

と疑問をお持ちのコンカフェオーナーの方もいるでしょう。

TRUSTは通常のPOSレジの機能に加え、以下のように機能が充実しています。

もちろん数字管理機能や不正防止など、通常のPOSレジとしての機能も取り揃えています。

コンカフェ経営をより効率化したいという方は、ぜひTRUSTの詳細ページをチェックしてみてくださいね。

「TRUST」と「飲食店用POSレジ」を比較

最後に、TRUSTと飲食店用のPOSレジを比較してみます。

TRUST飲食店用POSレジ
会計機能
不正防止機能
給与計算機能(ドリンクバックなど)×
指名や延長管理機能○              ×               
食べログやホットペッパーとの連動×

飲食店用POSレジは使いやすく有名なものも多いですが、このように比較してみると、いくつか機能の違いがあることがわかります。

これらの機能を見てみると、コンカフェにはTRUSTの方が適していると言えるでしょう。

よって繰り返しになりますが、コンカフェ経営をより効率化していきたいという方は、ぜひTRUSTの詳細ページをチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回はコンカフェ経営にPOSレジを導入することによるメリットを紹介してきました。

具体的なメリットとしては、以下4つを得られることがわかりましたね。

コンカフェ経営でPOSレジを活用することで、多くの業務時間が短縮でき、そして数字を元に経営の質を高めていくことが可能となります。

ぜひPOSレジを導入し、より良いお店づくりを実現しましょう。

もしPOSレジを導入する際は、コンカフェ専用のPOSレジ「TRUST」をご活用くださいね。




TRUST(トラスト)|ナイトレジャー専門のPOSシステム(キャバクラ編)