ガールズバーオープンを成功へ!「コンセプトシート」について解説

これからガールズバーを開業するにあたって、準備することはたくさんありますが・・。

その中で最も大事といっても過言ではない、「コンセプト」はしっかり設定していますか?

結論から言いますと、

ガールズバーの経営を成功させるため、今回は以下の内容について紹介していきます。

ガールズバーオーナーの方は、ぜひ本記事を参考に、経営成功のためのコンセプトを設定してみてくださいね。

ガールズバー開業時にはコンセプトシートを作成しよう

ガールズバー開業においてコンセプトって本当に重要なの?と疑問をお持ちの方もいるかもしれませんが・・。

だと言えます。

ガールズバーにおいてコンセプトが重要な理由は、主に以下の通りです。

例えば、コンセプトがなくただ女性と話せるだけのガールズバーと、水商売オーナーが集まる夜の人向けのガールズバーなんてものがあったとすれば、あなたはどちらへ行くでしょうか?

これはほんの例ですが、要するにお客さんに選ばれるお店を作れるかどうかは、コンセプトで決まるんです。

「うまくコンセプトを作れるか不安」という方もご安心を。

これから紹介する「コンセプトシート」に則って作成すれば、バッチリコンセプトが作成できますよ!

ガールズバーのコンセプトシートの9項目

それでは、本題であるガールズバーのコンセプトシートについてみていきましょう。

コンセプトを決める際は、これらの9つの要素を、数字の順番で決定していけばOK。

それぞれの項目について詳しく紹介していきます。

①基本コンセプト

1つ目はガールズバーの「基本コンセプト」です。

これは要するに、「誰(ターゲット)に何(どんなキャスト)をどう売るか(お店の強み)」といったお店の根幹となる部分。

「あなたのガールズバーを一言で表すと?」という質問に答えるつもりでコンセプトを決定しましょう。

②立地・物件

2つ目はガールズバーの「立地・物件」です。

基本コンセプトとブレないよう気をつけつつ、具体的に立地や物件をイメージしてみましょう。

以下は例です。

立地や物件は後から変えるのは中々困難な部分ですので、よく考えて決定してみてください。

③ターゲット

3つ目は「ターゲット」です。

ガールズバーのお客さんは様々な方がいますので、ターゲットを明確化し、特定の層に「刺さる」お店作りをしましょう。

ターゲットを決める際は、以下の項目を意識するといいです。

これに加え「どのような女性が好みか」「どのような悩みを抱えているか」など、

ここまでの項目と照らし合わせつつ、ターゲットを詳細に設定してみましょう。

④利用動機

4つ目は「利用動機」です。

ガールズバーに来店するお客さんは、何かしらの利用動機を持っています。

先ほど設定したターゲット像から、お店の利用動機を考えてみましょう。

以下はお店の利用動機の例です。

これらは例ですが、

数あるガールズバーの中からなぜうちのお店を選んでくれるのか、コンセプトの過程で強みを考えておきましょう。

⑤サービス・オペレーション

5つ目は「サービス・オペレーション」です。

ガールズバーに限った話ではありませんが、接客やオペレーションはお店の雰囲気に大きく影響します。

特にですから、以下のようにキャストのサービスコンセプトを決定しておきましょう。

この他にも様々な接客スタイルがあるかと思いますので、ぜひ情報収集しつつ、コンセプトに合った最適なサービス・オペレーションを考えてみてください。

⑥メニュー

6つ目は「メニュー」です。

具体的には、以下の項目を決定します。

メニューの魅せ方1つで、売上や商品の売れ行きが大きく変わるケースは決して珍しくありません。

ターゲット層に合わせた商品を用意するのはもちろん、価格帯や商品の掲載箇所も意識し、お客さんが注文しやすいようなメニュー作りを心がけてみてください。

⑦店内外環境

7つ目は「店内外環境」です。

ガールズバーの内装・外装もコンセプトの段階で決めましょう。

デザインは専門的な部分ですので、詳しくは業者さんに相談するといいです。

⑧価格・支払方法

8つ目は「価格・支払方法」です。

想定される客単価と、お客さんの決済方法を考えておきましょう。

客単価がある程度一定だと、売上予測や計画が立てやすくなります。

またでしょう。

⑨プロモーション・宣伝販促

9つ目は「プロモーション・宣伝販促」です。

ここまで決めたターゲットや立地から、どのような集客方法やプロモーションが効果的か考えてみましょう。

集客方法の例としては以下が挙げられます。

詳しくは以下の記事もご覧ください。

ガールズバーの集客方法を6選!常連客を増やして売上アップを図ろう

ガールズバーのコンセプトシートの活用法3選

ガールズバーのコンセプトシートは作成できましたか?

ここからは、コンセプトシートの活用方法を3つ紹介していきます。

それぞれ見ていきましょう。

開業準備の際の「設計図」とする

ガールズバー開業準備の際にやることはたくさんありますが、様々な作業を並行して進めていると、どうしても「ズレ」が生じてくるケースがあります。

その小さなズレが重なったり大きくなってきたりすると、せっかくガールズバーを開業してもコンセプトが微妙に統一されていない、といったことになる可能性も・・。

そうならないよう、コンセプトシートを設計図代わりとして開業準備を進めていきましょう。

そうすれば、です。

キャストやスタッフへの教育時に活用する

コンセプトシートはキャストやスタッフへの教育時にも活用可能です。

実際に接客・オペレーションをするのはキャストやスタッフですので、でしょう。

また、キャスト教育の際も事前にコンセプトシートを確認しておくと、ちょっとした指導にも一貫性が出るはずです。

コンセプトシートに則ってマニュアルを作成してもいいでしょう。

イベント実施時に参考にする

ガールズバーの集客では「イベント」が非常に有効ですが、イベントの計画立案時にもコンセプトシートが役立ちます。

なぜなら、です。

しかし、コンセプトシートを活用することで、以下のメリットが得られます。

イベントの成功率は高まりますし、計画立案の時間も削減できるでしょう。

このように活用シーンはそれなりに多いので、これからガールズバーを開業する方は、ぜひコンセプトシートをご活用くださいね。

まとめ

今回はガールズバーのコンセプトシートについて解説してきました。

コンセプトシートはお店のコンセプトを明確に決められるだけでなく、以下のように活用することができます。

脳内の理想のお店のイメージを、ぜひコンセプトシートで言葉にしてみてくださいね。




TRUST(トラスト)|ナイトレジャー専門のPOSシステム(キャバクラ編)