ホストクラブ経営での気になる税金・法律の情報を全て解説!

ホスト税金

こちらのページをご覧の方は、まさか上記のような考えはお持ちではありませんよね。

水商売に対しての税務署の調査は年々厳しくなってきており、テレビ東京の番組でもホストクラブの経営者が脱税で逮捕されたケースが取り上げられました。

ホストクラブを経営するなら、税金についての知識をしっかり身につけましょう。

ホストの税金を理解しよう

ホストクラブ経営において「税金」を理解することはとても大切です。

税金についての知識を身につけることで、簡単に挙げるだけでも以下のようなメリットが得られます。

きちんと理解し、きちんと節税・管理を行えばお店のお金を守ることも可能です。

「税金が高すぎる」「お店の資産を守りたい」と少しでも感じる方は、ぜひ当サイトのコンテンツでホストの税金について学習してみてくださいね。

税金を正しく理解してお店の資産を守ろう

ホストクラブを経営する際は、税金を正しく理解しましょう。

この章では税金の概要についてより掘り下げて解説していきます。

まず、ホストクラブオーナーが支払うべき税金は、主に以下のようなものがあります。

詳しい概要や金額の計算方法については別記事で解説していますが、

よって正しい節税の知識もぜひ身につけてみてください。

中には「水商売は脱税してもバレない」とお考えの経営者もいらっしゃるようですが、税金を納めないと以下のようなデメリットを被る可能性があります。

税金を納めないと銀行からの融資が受けられなくなったり、税務署に指摘されて罰則金を支払うことになったり・・・結果的にお金の面で損することになるでしょう。

税務署の調査も年々厳しくなってきていますから、「どうせバレない」という考えもとても危険。

ぜひ当サイトで正しい税金の知識を身につけてみてください。

ホスト法律

続いて、ホストクラブでは税金同様に「法律」を守ることも大切。

特にホストクラブを営業する上で、「風営法」は切っても切り離せない非常に重要な法律となります。

風営法とは
善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止することや、風俗営業の健全化や業務の適正化を目的とする法律

そんな風営法ですが、要件は主に以下3つに分類することができます。

それぞれの詳しい内容については本記事では割愛しますが、ホストクラブを営業する上で守らなくてはいけないルールは多いです。

2020年7月には大阪府警が大阪・ミナミのホストクラブに一斉に立ち入り調査などを行った事例もあるため、ぜひこの機会に風営法と照らし合わせながら、ご自身のお店の状況を確認しましょう。

また、ので、ぜひ以下の記事も合わせてチェックしてみてください。




TRUST(トラスト)|ナイトレジャー専門のPOSシステム(キャバクラ編)