キャバクラ経営者必見!経費を賢く使えてますか?

経費って言われてもいくらまで使っていいの?
そもそも経費ってなんだろう?

このように思うキャバクラの経営者の方も多いと思います。とくに開業して1年目の初めての確定申告をする方や、店舗経営をさらに効率化したい方は、経費の使い方がわからないと思います。しかし、調べてみても用語が難しかったり、キャバクラでも使えるかどうかわからない方も多いでしょう。

この記事では、経費について算出方法や経費として落とせるもの、落とせないものについて解説します。経費を賢く使ってスマートな経営を目指しましょう。

今回は、

  • 経費とは?
  • 経費で落とせるもの、落とせないもの

について説明していきます。それでは早速、キャバクラ経営者が使える経費について解説します。

キャバクラ経営者が使える経費とは?

ここでは、

  • 経費とは?
  • 経費で落とせる金額の算出方法

の2つについて説明します。特に算出方法は、お店によって違うためしっかり確認しましょう。

経費とは?

経費とは、事業を行う上でかかる費用のことです。この経費を賢く使うことで、節税(納税額を減らすこと)ができます。
経費には、

  • 収入金額を得るために、直接的にかかった費用
  • 給料・広告費といった、販売や管理のための業務上の費用

の2種類に分かれます。
収入は利益+経費で成り立っています。税金は利益に課されるので、利益を減らす、つまり利益を経費として使うことで納税額を減少させることができます。

経費によって、納税額は下がりますが、事業に使うための利益も減らしていることを忘れないでください。経費を理解した上で、経費で落とす金額を決めましょう。

経費で落とせる金額の算出方法

経費で落とせる金額の算出方法は

  • 個人事業主
  • 会社

の2つで異なります。それぞれ自分のお店がどちらなのか確認しましょう。

個人事業主

個人事業主の方が経費をうまく使うと、所得税の課税額を下げることができます。
所得税の課税額は以下の式で計算することができます。
(収入ー経費ー控除)✕税率ー課税控除額

経費で落とす金額は、収入や控除のバランスも考えて判断しましょう。まずは、自分の状況を計算式に当てはめてみましょう。細かい控除項目は国税庁にて確認しましょう。また、収支や税務の状況によっては、法人化したほうが良い場合もありますので、確認してみてください。

会社(法人化)

会社を経営している方が、経費をうまく使うと、法人税の課税額を下げることができます。
法人税の算出方法は、
利益×法人税(40%)
で求めることができます。

経費で落とす金額の上限は、上記の計算式で算出できますが求人ページの掲載料や、新規出店などの、将来のことも考えて経費で落とす金額を決めましょう。

キャバクラ経営において経費で落とせるもの落とせないもの

ここでは、経費で落とせるもの、落とせないものを項目に分けて説明します。経費で落とせるか、落とせないかの基準ははとてもわかりにくいです。
特にキャバクラは前例が少ないことからどの費用を経費で落とせるのかわからない、と感じる方も多いのではないでしょうか?以下をしっかり確認しましょう。

経費で落とせるもの

以下で解説するのは、キャバクラ経営において、経費で落とせる項目です。見落としている項目を経費で計上できると経営に余裕が出て利益が増加するので、しっかり確認しましょう。

仕入れ費用

お客さんに出すチャームやお酒の購入費は、経費で落とすことができます。また、フルーツ盛り合わせや、フードの仕入れも、仕入れ費用に入ります。

水道光熱費

その名の通り、水道光熱費も経費として落とすことができます。水道費や光熱費だけでなく、ガス代も計上することができます。しかし、売上に直接関係ないもの、つまり自宅の水道光熱費は、経費で落とすことはできません。

消耗品費

消耗品、つまり使えばなくなってしまうものも経費で落とすことができます。例えば、割り箸やおしぼりといったお客さんが使うもの、黒服が使うボールペンなども消耗品費として経費として計上することができます。

ソファやテーブルの購入代

10万円未満のテーブルやソファなどは、少額資産として一括して経費に落とすことができます。また、個人事業主や中小企業として経営している場合は、30万円未満であれば一括で経費にできます。その額を超える場合は、数年間かけて減価償却する必要があります。

給料賃金

キャストや黒服の給与も、経費として落とすことができます。キャストは、給料日だけでなく、ドリンクバックなどの日払いもあるため計算が難しいですが、しっかり管理しましょう。

制服・衣装代

黒服の制服がある場合、制服は仕事と直接的に関係がありますので、経費で落とすことができます。また、季節限定でキャストに浴衣を貸し出したり、新人のためにドレスを貸し出したりするための衣装代も、経費として落とすことができます。

経費で落とせないもの

いくらでも経費で落とせるわけではありません。事業を行う上でかかる費用が経費ですが、事業に関係していても経費で落とせない項目があります。

経費として計上しても、数年後の税務調査で指摘されて追徴課税を課せられることもあります。そうなった場合、お店のキャッシュを一気に失って経営が立ち行かなくなってしまうかもしれません。正しく計上するために、以下の3つを確認しましょう。

スーツ代

黒服が着るスーツは経費にはなりません。仕事でしか着ないドレスや浴衣とは違い、スーツはプライベートでも着ることができるためスーツ代は経費で落とせません。

タクシー代

タクシーを私的な用事に使う場合は、経費としては認められません。
通勤費は所得税法施行令第20条で「最も経済的かつ合理的と認められる通常の通勤の経路および方法による運賃等の額」と定義されています。よってタクシーは「最も経済的かつ合理的」ではないため、経費で落とすことができません。

飲食代

こちらも、私的な用事や食事会での飲食は経費で落とせません。お客さんがキャバクラでの飲食を経費とする場合も、注意が必要です。キャバクラでの飲食が経費として認められるかどうかはグレーゾーンですので、くれぐれも白紙の領収書をお客さんに渡さないようにしましょう。領収書の注意点を確認しましょう。

キャバクラの利益データ管理はPOSシステムにお任せ!

解説したように、経費を賢く使うことは重要ですが、そもそもお店のお金の管理はスマートにできているでしょうか?
いくら気をつけていても、キャストの給与や仕入れにいくら払っているか管理できていなければ、いくら経費として使っていいかも算出できません。
というのも、キャバクラの店長の仕事は膨大で給与計算などの「やらなきゃいけない仕事」をするうちに、お店の財務管理や経費算出といった「お店のための仕事」を後回しにしがちだからです。
POSシステムを導入すれば、以下の仕事を効率化短時間化することができます。

  • 業務効率化
  • 給与計算
  • キャスト管理
  • 不正防止
  • 売上向上
  • 雰囲気演出

上記の仕事を効率化、短時間化することができれば、キャストの成績管理などのお店のための仕事も実行することができます。
POSシステムの「TRUST」は、業界NO.1のシェアを持つキャバクラ向けの会計システムです。
導入コストの低さと、先進的な店舗管理システムを兼ね備えています。iPadならではの操作性の良さも抜群です。

まとめ:キャバクラ経営者は経費をうまく使って利益をアップさせよう

お金を支払っているのに、お金が減らない魔法の言葉「経費」ですが、使い方を間違えると追徴課税というペナルティが課されてしまいます。一般企業では財務部があり、そこでチェックされますが、キャバクラは自分で全て手続きをしなければなりません。

しかし、税務署は会社の規模にかかわらず、違反やミスがあれば税務調査で厳しく指摘されます。そのため、経営者の方からすると税金や経費の計算は面倒だと感じると思います。

また、経費の計算や、収支の計算は手間がかかるため、後回しにしがちです。
しかし、賢く経費を計上することでお店にとってもプラスになることを今回の記事でわかっていただけたと思います。これからは、経費を賢く使ってスマートな経営をしていきましょう。

水商売の経営に役立つノウハウをプレゼント



▼売上アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 売上UP編
▼税務調査の対策をしたい方▼
税務調査で知っておきたい4つの真実
▼開業して失敗したくない方▼
水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つのコツ


▼利益アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 リスク回避編
▼風営法対策をしたい方▼
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介
▼採用で失敗したくない方▼
キャバクラ経営者必見の面接まとめ&資料3点
▼勤怠管理を効率化したい方▼
簡単に始められるキャバクラ勤怠管理

スマホの人はLINEを登録して資料をゲット!
友だち追加