キャバクラ経営での気になる税金・法律の情報を全て解説!

キャバクラの税金を理解しよう

水商売は税金を払わなくても大丈夫

水商売オーナーの中には上記のようにお考えの方もいるようですが、結論から言いますと税金は絶対にちゃんと納めるべきです。

税金の知識を身につけることで、以下のようなメリットを享受できます。

ぜひこの章を参考に、正しい税金の知識を身につけてみてください。

税金を正しく理解してお店の資産を守ろう

税金を正しく理解することで、「お店の資産を守る」ことができます。

より具体的にいうと、

といったことができるようになります。

お金を守る」というキーワードにピンとくる方は、ぜひ以下の税金に関する記事をチェックしてみてください。

税金を払わないとどうなるのか

納税が国民の義務なのは大前提ですが、税金を払うことによって「摘発のリスクを回避できる」というメリットもあります。

キャバクラをはじめとした水商売では、以下のように考える方も多いようですが・・。

しかし

特に注意すべきは、突如として税務署がやってくる「税務調査」の存在。

税金周りのトラブルを避けるためにも、納税できているか不安な方はぜひ以下記事を参考にしてみてください。

税金を正しく納めるために行いたいこと

キャバクラを経営していても、意外と確定申告について理解できていない方もいるのではないでしょうか?

もしわからない場合は、まずは基礎として確定申告について勉強するといいでしょう。

です。

詳しくは以下を参考にしてみてください。

キャバクラ経営で知っておきたい法律の知識

キャバクラ経営で税金と同じくらい注意すべきが、「法律」関係です。

キャスト関連や風営法関連など、

今一度、お店の法律関連をチェックし、法律違反していないか確認してみてください。

特に注意すべきは以下です。

法律違反していないか不安な方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

開業時に気をつけたい風営法

まずは「風営法」についてみていきましょう。

風営法は特に開業時に気をつける点が多く、例としては以下が挙げられます。

とこのように、「知らなかった」では済まされない風営法のルールがいくつも定められています

開業前の方は、以下の記事をチェックしてみてください。

キャストの雇用に関しての法律

続いては「キャストの雇用」に関する法律についてみていきましょう。

具体的には、以下のようなポイントで注意が必要です。

実際、キャバクラで18歳未満の少女を雇ったとして経営者が逮捕されているケースや、スタッフが労働契約に関してキャバクラに訴訟を起こしたケースなども起きています。

例え悪気がなくとも、知らず知らずに法律を犯しているような事例もあるようです。

以下にキャスト関連の法律の記事をまとめて紹介しているので、不安を感じる部分がある方は、ぜひそちらの記事をチェックしてみてください。

客引きに関する法律

最近取り締まりが厳しくなっているのが、ズバリ「客引き」です。

中には客引きやキャッチで集客を行おうと考えている方もいるかもしれませんが、客引きは違法って知っていましたか?

客引き防止条例が施行されるなど、法的な意味でも客引きに対する基準はどんどん厳しくなってきており、摘発されるケースも増えてきています。

ちなみに、違法になるラインは以下の通り。

よって、看板を持って立っているだけならば基本的には問題はありません。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

キャバクラを経営するための営業許可

最後に、「営業許可」に関しても違法になる可能性があるので注意しましょう。

まず、キャバクラの営業には以下の許可が必要になります。

そして上記を踏まえ、キャバクラを経営していくためには、

といった部分をしっかり理解して営業する必要があります。

例えば、営業許可に関する代表的な決まりとして「風俗営業許可を取得した場合、深夜0時以降は営業してはいけない」などがありますが、こういったルールをしっかり守るようにしましょう。

詳しくは以下で解説しています。




TRUST(トラスト)|ナイトレジャー専門のPOSシステム(キャバクラ編)