スナック経営での気になる税金・法律の情報を全て解説!

スナックの税金

中には税金についてそこまで調べず、確定申告の時だけ焦っている・・・といった方はいませんか?

スナックを経営する上では、「税金」の知識も欠かせません。

結論から言いますと、税金周りをきちんとすることで以下のようなメリットが得られます。

特に水商売事業者にとって、「税務調査」はとても恐ろしい存在ですよね。

いつやってくるかわかりませんし、場合によっては罰金などがかかる恐れもありますので、

スナックの法律

税金以上に恐ろしいのが、「知らず知らずのうちに法律を犯してしまっていた」というケース。

水商売の法律でよくある違反としては、以下が挙げられます。

この際の注意が必要なのは、という点。

つまり、「深夜0時までだが、接待を伴う接客を行うお店にする」か、「接待なしだが、深夜0時以降も営業するお店にする」か、どちらかを選ぶ必要があるということです。

ただ、おそらくスナックの場合は「深夜酒類提供飲食店営業許可」を取得しているケースが多いでしょうから、以下のような「接待」は行わないように注意してください。

スナック関係の法律に関して、詳しくは以下の記事をご覧ください。




TRUST(トラスト)|ナイトレジャー専門のPOSシステム(キャバクラ編)