ホストクラブの黒服(内勤)ってどんな仕事?キャバクラのボーイとどっちがおすすめ?

夜の世界にあこがれを持っているけど、お酒はのめないし、顔に自信があるわけでもない。

キャバクラで女性を管理するのもなんだか大変そう…。

そんなあなたにおすすめなのが、今回紹介する、「ホストクラブの黒服(内勤)」です。

  • 「ホストクラブの黒服ってどんな仕事なの?稼げるの?」
  • 「人脈を作れたりして、今後にもつながる?」

今回は上記の疑問にお答えすべく、以下の内容について紹介していきます。

  • そもそもホストクラブの黒服ってどんな仕事?
  • ホストクラブの黒服として働くメリット・デメリット
  • ホストクラブの黒服はどんな人に向いている?

夜の世界で一発当てたい方は、ぜひ今回の内容を参考に、「ホストクラブの黒服」という選択肢を検討してみてくださいね。

そもそもホストクラブの黒服(内勤)ってどんな仕事?

ホストクラブの黒服は「内勤」「ボーイ」と言われることもありますが、そもそもどんな仕事なのでしょうか?

これに関して一言で言えば、「ホストのサポートをするウェイタ―」のようなイメージ。

具体的な仕事内容としては、以下が挙げられます。

  • ドリンクや食事の提供
  • おしぼりの用意や灰皿交換
  • お客様の案内・会計

ちなみに2番目の「おしぼりの用意や灰皿交換」に関してはヘルプのホストが行う店舗も多いため、キャバクラのボーイと比較すると仕事量は少なめ。

主な違いを表にすると、以下のようになります。

ホストクラブの黒服

キャバクラのボーイ

ホスト

月給

25万~

25万~

0円~3億

飲酒の有無

原則飲酒禁止

飲酒することもある

飲酒する

メリット

・お酒を飲まなくても済む

・安定して稼げる

・女性慣れできる

・安定して稼げる

・稼げる額の天井が高い

デメリット

・大きくは稼げない

・お客様に勧められたら飲まなくてはいけない

・女性キャストの管理が必要

・安定して稼ぐのは難しく、ノルマがある場合も

・お酒を飲むことが多い

ホストクラブの黒服とキャバクラのボーイを比較した際、まず挙げられる大きな違いは、以下の2点です。

  • 女性キャストの管理が必要か
  • お酒を飲まなくてはいけないか

続いて、ホストクラブの黒服とホストを比較した際に挙げられる違いは、以下。

  • 安定して稼げるか、大きく稼げるかどうか
  • お酒を飲まなくてはいけないか

これらの違いを踏まえたうえで、ホストクラブで黒服として働く際のメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

ホストクラブで黒服(内勤)として働く3つのメリット

黒服を他の仕事と比較してみましたが、ホストクラブの黒服のメリットとしては以下が挙げられます。

  • お酒を飲まなくて済む
  • ノルマやプレッシャーなく、安定して稼げる
  • キャバクラのボーイと違い、キャストの管理が必要ない

1つずつ見ていきましょう。

①お酒を飲まなくて済む

ホストクラブの黒服は、お酒を飲む必要がありません。

というより、「黒服はお酒を飲んではいけない」と決めているホストクラブがほとんど。

一方でキャバクラのボーイはお客様に勧められたら飲まなくてはいけませんし、ホストは言わずもがな。

つまり、夜の世界に入りながらにして、お酒を飲まずに済む貴重な職業だといえるでしょう。

お酒が苦手な方や、体質的に受け付けないという方にとっては、コチラは大きなメリットだといえます。

②ノルマやプレッシャーなく、安定して稼げる

ホストは常に売上やノルマが付きまとうため、そのプレッシャーは計り知れません。

しかしホストクラブの黒服にはノルマは課されませんし、給料は25万~30万円程度と、一般的な会社員よりも稼げるというメリットがあります。

また、各種手当もつきますので、働き次第でどんどん給料アップも狙えるようです。

安定した収入を得つつ夜の世界で働けますので、人脈を作りつつ、コツコツ稼いだお金で独立を目指すのも手ですね。

③キャバクラのボーイと違い、キャストの管理が必要ない

キャバクラのボーイは、キャストの管理やマネジメントを行うことも仕事に含まれます。

しかし、ホストクラブの黒服は、ホストの世話や管理などを特に頑張る必要はないため、その分仕事内容は少ないです。

(例えばですが、キャバクラだと辞めたがっているキャストを説得したり、モチベが落ちている売れっ子キャストをマネジメントしたりする必要があります。)

とはいえ決して楽な仕事というわけではありません。

プレイヤーを「お世話する必要がない」だけで、ホストが働きやすいよう、結果を出せるようサポートすることは重要な業務。

裏方として、前向きにホストを支えていきたい・サポートしていきたい人には向いている仕事だといえます。

ホストクラブで黒服(内勤)として働く3つのデメリット

ホストクラブの黒服として働くメリットを3つ紹介してきました。

続いては、黒服のデメリットを3つ見ていきましょう。

  • 裏方であり、大きくは稼げない
  • ホストと比較すると人脈は作りづらい
  • そもそも募集が少ない

メリットだけでなくデメリットも踏まえ、自身に合っている仕事かどうかを判断してみてくださいね。

①裏方であり、大きくは稼げない

ホストクラブの黒服は、ホストと比較して安定している分、大きく稼ぐことはできません。

例えばホストの給料は0~3億円と記載しました。

3億円はローランド氏の給料であるためかなり極端な例なのですが、本気で努力すれば上限はどこまででも行く、ということがわかるはずです。

しかし一方で、ホストクラブの黒服の給料は、「25万~30万円+各種手当」。

各種手当を踏まえても、月に数百万以上稼ぐのは中々難しい事だといえます。

よって、

  • 「今すぐデカく当てたい」
  • 「ホストとして成功したい」

上記に該当する方にとっては、黒服の堅実さはデメリットとなってしまうでしょう。

②ホストと比較すると人脈は作りづらい

中には

「黒服として働いて貯金と人脈をコツコツ増やしていって、ゆくゆくは一山当てるぞ!」

とお考えの方もいるでしょう。

しかし、黒服はホストと比較すると人脈は作りにくい傾向にあります。

というのも、ホストはお金を落としているお客様と「直接」対話し、コミュニケーションを取るため、やはりお金を持っている方との人脈はプレイヤーの方が圧倒的に作りやすいから。

また、キャバクラのボーイにおいても、お客様とお酒を一緒に飲む機会を作りやすく、また性別が男である点から、キャストとは別枠で目を掛けてもらうこともあります。

ホストクラブの黒服が人脈を作れるとすれば、以下が挙げられるでしょう。

  • 自主的にバーや交流会に赴き、人脈を作りに行く
  • 同業者や先輩に飲みに誘われたら積極的に参加する

ただ受け身でいるだけでは夢に繋がる人脈はできにくいかと思いますので、ぜひ自主的な行動を意識してみてください。

③そもそも募集が少ない

ホストクラブの黒服は、以下のようなメリットがある最高の職業。

  • ノルマやプレッシャーがなく、会社員よりも稼ぎやすい
  • 夜の華やかな世界だが、お酒を飲む必要はない

故に離職率も非常に低いようで、「そもそも募集が少ない」というデメリットが挙げられます。

ホストクラブの黒服の勧誘をされたら即座に受けるなど、チャンスにすぐ飛びつく姿勢が大切ですね。

ホストクラブの黒服(内勤)はどんな人に向いている?

ホストクラブの黒服のメリット・デメリットについて紹介してきました。

続いては、これらのポイントを踏まえたうえで

  • 「ホストクラブの黒服が向いている人」
  • 「ホストの内勤・ボーイになるのがおすすめな人」

の特徴を2つ紹介していきます。

  • お酒が苦手な方
  • ホストとして上手くやる自信がない方

夜の世界に憧れがある方は、ぜひ自身と照らし合わせながら見てみてください。

お酒が苦手な方

まず、「夜の世界に憧れがありつつも、お酒が苦手」という方はホストクラブの黒服が向いているといえます。

確かにホストやキャバクラのボーイの方が人脈は作りやすいイメージがありますが、どうしても業務中にお酒がつきもの。

よって、お酒を飲まずして夜の世界でのし上がろうと思ったら、ホストクラブの黒服が最善手だと言えるでしょう。

ホストとして上手くやる自信がない方

続いて、「ホスト関係で成功したいが、ホストのプレイヤーとして上手くやる自信がない」という方も黒服がおすすめだといえます。

なぜなら、ホストには以下のようなスキル等が求められるから。

  • 優れた容姿やスタイルを維持する自分磨き
  • トーク力や気遣い
  • その他こまめな連絡など、女性を落とすテクニック

もしこれらを習得したり努力を継続したりする自信がないのであれば、無理してホストをやるよりも、黒服としてホストクラブに勤めたほうがいいでしょう。

裏方としてサポートに従事することで、マネージャー的な視点・経営者的な目線を持てるはずです。

逆にホストの黒服(内勤)に向いていない人

ホストの黒服に向いている人の特徴を2つ紹介しました。

しかし、逆に以下に該当する方はホストクラブの黒服はおすすめできません。

  • 「ホスト」として、表舞台に立つプレイヤー側で成功したい方
  • お酒や女性が大好きな方
  • 手段は問わず、夜の世界で成功までの最短距離を歩みたい方

女性が大好きならキャバクラのボーイやプレイヤーとして働くのがおすすめですし、ホストとして成功したいならホストを選ぶべきです。

もしくは、とりあえずキャバクラのボーイやプレイヤーをやってみて、合わなければ転職するという形でもいいと思います。

やり直しはいくらでも利きますので、まずは自身の興味のままに仕事を選んでみてください。

夜の世界で働きたいなら、「黒服」という選択肢もあり!

今回はホストクラブの黒服について紹介してきました。

結論として、ホストクラブの黒服は、

  • お酒を飲まなくて済む
  • ノルマやプレッシャーなく、安定して稼げる
  • キャバクラのボーイと違い、キャストの管理が必要ない

といったメリットがあることがわかりましたね。

よって、お酒が苦手な方や、プレイヤーとして活躍する自信がない方は、黒服という選択肢も持ってみてください。

黒服でも人脈や貯金をコツコツ増やしていくことで、きっと大きな成功に近づいていくことが可能です。

ただし募集が少ないというデメリットはありますので、チャンスがあったらすぐに飛びつきましょうね!




多数の
お役立ち資料あり

ダウンロードはこちらから

LINE登録

ダウンロードはこちらから

関連記事

融資保証
ホスト内装