夢のキャバクラ?経営目線で考える水着キャバクラ

最近流行りの水着キャバクラをご存知でしょうか?

繁華街を中心に少しずつ店舗数も増えてきています。

水着キャバクラは名前の通り、キャストが水着を着ているキャバクラになりますが、実は業務形態やサービス内容が微妙に違ってきています。

今回の記事では水着キャバクラについて経営者目線で解説をしていきます。

  • ・水着キャバクラとは
  • ・どのような業態なのか
  • ・流行っている理由
  • ・水着キャバクラの経営について

水着キャバクラの経営を考えている方は是非参考にしてみてください。

水着キャバクラとは

水着キャバクラの経営について見ていく前に水着キャバクラの基礎的なことを解説していきます。

実は水着キャバクラでも水着以外の衣装を着ることもあるのです。

水着キャバクラは衣装が水着

水着キャバクラはその名の通りキャストの衣装が水着のキャバクラです。

こちらは静岡にあるロッソロゼリアという店舗です。水着キャバクラとして経営をしておりインスタグラムも活用しています。

水着キャバクラの基本的な衣装は水着になります。

水着のキャストに接客をしてもらうため普通のキャバクラよりも刺激的かもしれません。

水着以外の衣装を着ることもある

水着キャバクラの中でも様々な種類の水着キャバクラが存在します。

中には衣装がずっと水着ではなく、別の衣装を着ることもあるようです。

水着の上に1枚羽織ったり、イベント時に別の衣装をきています。

中には最初はワイシャツで、徐々に水着になっていくキャバクラもあるようです。

水着キャバクラといっても様々な形態があるようです。

水着キャバクラはセクキャバなのか

水着キャバクラと聞くと普通のキャバクラよりも刺激が強いためセクキャバを想像される方も多いでしょう。

実際にネットで調べてもセクキャバのような店舗も出てきます。

結論から言うと水着キャバクラはセクキャバ、キャバクラ、ガールズバーなど業態は様々です。

衣装ではなくサービス内容によって業態があります。

一般的なキャバクラの場合

一番多いのは一般的なキャバクラです。水着のキャストがお客さんの隣に座って接待をします。

衣装以外は基本的なサービス内容は一般的なキャバクラと大差はありません。

しかし、水着というキャッチコピーを活かして店内を夏のような内装にしたり、スイカ割りを真似した風船割りイベントなどを行なっている店舗もあります。

セクキャバの場合

水着キャバクラの中にはセクキャバとして営業をしている店舗もあります。

衣装が水着になることでセクシーさが増えるため、セクキャバとの相性はいいかもしれません。

また、セクキャバの場合は衣装がTバックなどの過激なものになる場合もあります。

水着ガールズバーもある

キャバクラと同じような業態のお店としては水着ガールズバーが存在します。

あくまでもガールズバーなためキャバクラのような接待行為を行うことはできません。机越しの対面でお酒を飲む形となります。

しかし水着ガールズバーの場合には表向きはガールズバーとなっていますが、風営法の許可を取得して経営している店舗も多く存在します。

風営法の許可を取らずにキャストが水着をきている場合には、かなりグレーな経営になるため、あらかじめ風営法の許可を取得して経営を行なっています。

水着キャバクラはなぜ流行っているのか

近年水着キャバクラの数は増えてきていますが、なぜ流行っているのでしょうか。

経営者が水着キャバクラをオープンさせるメリットをご紹介していきます。

キャバクラの経営を考えている方は是非参考にしてみてください。

少し変わったコンセプトで勝負できる

現在のキャバクラの経営にはコンセプトが大切と言われています。

もちろん老舗のキャバクラや、長年キャバクラ経営を行なっている人がだす新店舗などではオーソドックスなキャバクラでも勝負できるかもしれません。

しかし、長年の経営経験がない人がいきなりキャバクラをオープンさせたり、キャバクラ激戦区に新店舗を出す場合には明確なコンセプトが大切になります。

水着キャバクラは「水着」というだけで大きなコンセプトになります。

もし同じエリアに水着キャバクラがない場合には、出店するだけで大きな話題になるでしょう。

多くのキャストを目で楽しむことができる

通常のキャバクラでは自分の席についたキャストと1対1でトークを楽しみます。

一方で水着キャバクラの場合は、出勤しているキャスト全てが水着になっているため、お客さんは店内の全てを楽しむこともできます。

夏の海にいっても楽しめないぐらいの美女の水着姿を楽しむことができる点も大きなメリットになります。

衣装以外は普通のキャバクラと同じシステムで営業できる

水着キャバクラは基本的なシステムは一般的なキャバクラと同じになります。

そのため、システム的な部分では難しさは少なめです。

他のコンセプトが強いキャバクラの場合はシステムの調整などが大変ですが、水着キャバクラはシステム面では始めやすいと言えるかもしれません。

その代わりにキャストの管理や採用は少し難しくなるかもしれません。

キャストとのコミュニケーションや管理などに自信のある人にはいいかもしれません。

水着キャバクラでは明朗会計が命!会計はキャバクラ専用POSシステムを

水着キャバクラは衣装が水着であることから、少し怪しいイメージを持たれてしまうことがあります。

お客さんに安心して楽しんで頂くためには明朗会計を心がける必要があります。

明朗会計にするためにおすすめなのが水商売専用のPOSシステムの「TRUST」です。

TRUSTがあればお会計時にレシートが発行され、お客さんにも安心感を与えることができます。

京都に出店しているある水商売のお店はTRUSTを使うことで金額の詳細を簡単に伝えることができるという点を気に入ってくださり導入を決めていただきました。

さらにトラストには多くのメリットもあります。

  • ・IPadによる簡単な注文受け取り(伝票をキャッシャーに渡す必要なし!)
  • ・自動で売上計算
  • ・キャストの給与管理
  • ・不正防止(レジからお金を抜かれる心配なし)
  • ・iPadなので最新な雰囲気をお客に与える

新しいものを導入することは多少勇気のいることかもしれません。

しかし、新しいテクノロジーを導入することで得られる恩恵は大きなものです。

最新の水商売専門POSシステム「TRUST」を導入して、他店に差をつけましょう。

今流行りの水着キャバクラを経営目線で理解しておこう

今回の記事では水着キャバクラについて経営目線で解説をしました。

これから新しく経営を考えている方は、水着キャバクラも検討してみてもいいかもしれません。

さらに、現在キャバクラを経営している方は、今流行りの新しい業態として水着キャバクラの経営について考えていただけたら幸いです。

現在のキャバクラ業界は様々なコンセプトのキャバクラが登場しています。

今後もトラストタイムズでは様々な情報を経営者目線でお届けしていきます。




多数の
お役立ち資料あり

ダウンロードはこちらから

LINE登録

ダウンロードはこちらから

関連記事