ガールズバーでのカラオケは違法になる!?店員・キャストが知っておきたいポイント

カラオケ

ガールズバーを経営・運営している方で、「カラオケを導入しようかな?」と考えている方もいるのではないでしょうか。

実は、ガールズバー以外の業種でも、カラオケを導入する前に押さえておくべきポイントがいくつかあります。これらのポイントを知っておかないと、知らぬ間に違法営業をしてしまうことも珍しくありません。本記事では、カラオケを導入するときに店員やキャストが知っておきたいポイントや、ガールズバーではカラオケを行う時のメリットやデメリットについて解説します。

ガールズバーでカラオケを導入する・働く時に知っておくべきポイント3つ

はじめに、ガールズバーでカラオケを導入する際、もしくはガールズバーで働く時に知っておくべきポイントを3つご紹介します。

気づかぬうちに「違法営業だった…」と後悔しないために、店員の方もこれからガールズバーで働こうとしている方・現在キャストとして働いている方も、全てにチェックしていただきたいポイントをおさえました。

1.手拍子やデュエットは接待行為!する場合は風俗営業1号許可が必要

1つ目のポイントは、手拍子やデュエットは接待行為に当たること。

そもそも接待行為とは、「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」を指します。この定義は、風営法にて定められているもののため、きちんと理解しておく必要があります。カラオケと聞くと、お客様とキャストが一緒に手拍子やデュエットをしながら楽しむシーンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

しかし、ガールズバーにてカラオケと手拍子もしくはデュエットを合わせて行うことは風営法違反行為にあたります。
もし、ガールズバーにてカラオケを導入し手拍子やデュエットなどでお客様を接待したい場合には、改めて風俗営業1号許可が必要となります。

2.深夜0時以降にお客さんにカラオケをすすめるのはNG

2つ目のポイントは、深夜0時以降にお客様にカラオケを勧めてはいけないということ。なぜなら、深夜0時以降にお店のキャストから不特定多数のお客様へ「カラオケをしよう」と誘ったり、一緒に場を盛り上げたりする行為は「遊興行為」とされ違法にあたるためです。

ガールズバーでカラオケを導入するにあたり、問題となるのは「接待行為」にあたること。実際、お店にカラオケを導入することや、お客様単体で自由に歌っていただく分には違法にはなりません。お店からお客様にカラオケを勧めたり、一緒に歌ったりする行為が問題になるのです。

3.カラオケを設置する際は防音対策もしっかりと!

カラオケ
3つ目のポイントは、カラオケを設置する際には防音対策を行う必要があること。
ガールズバーなどでカラオケを設置する場合、近隣のお店や住宅に騒音で迷惑をかけてしまうと、通報されてしまったり、最悪警察による立ち入り検査が行われる場合も。いわゆるガサと呼ばれる検査で、この検査によって営業停止になることも少なくありません。
騒音に関しては、風営法の市区町村別データを基に、どれまでの騒音が許容されるのかを知っておく必要があります。

ガールズバーでカラオケを導入する方法

ガールズバーでカラオケを導入するにあたっての注意点やポイントについては分かりましたか?
続いて、実際にカラオケを導入しようと考えるガールズバーのスタッフの方に向けて、カラオケの導入方法についてご紹介します。

レンタルか購入かを検討しよう

まずは、カラオケ機をレンタルするのか購入するのかについて検討すること。
カラオケを導入する際には、主に以下の3つの導入方法が挙げられます。

・レンタルする
・新品を購入する
・中古を購入する

カラオケ

まず、レンタルの場合、カラオケを導入するには月に3〜5万必要になります。さらに、新品のカラオケ機を常に使い続けることができる点も特徴です。
一方で、購入する場合であれば初期費用(購入費用)として100万〜300万ほど必要に。加えて、楽曲などの情報料として月に1〜2万払う必要があります。もちろん、中古の購入であれば、初期費用はさらに安くなります。
なるべく初期費用を押さえて営業を始めたいお店にはレンタルを、開業後長く続ける予定なら購入することをおすすめします。

メジャーな機種は『JOYSOUND』か『DAM』

カラオケを導入するにあたり、メジャーな機種は『JOYSOUND』か『DAM』。
どう違いがあるのか分からないという方へ、2つの機種の違いをご紹介します。

●『JOYSOUND』の特徴

JOYSOUNDは、カラオケ業界の中で最も提供楽曲が多いです。
また、特定の歌手やボーカロイド楽曲が多いため、それらの需要に応えるにはJOYSOUNDを選ぶ以外の選択肢がありません。

JOYSOUNDがおすすめなのは、以下の方・店舗です。
・より多くの楽曲を歌えるような環境を用意したい
・アニメやボーカロイド楽曲を使用したい

●『DAM』の特徴

一方、DAMでは本人映像が流れる楽曲が多いです。
また、ビブラートや音程などに応じた精密採点である点も特徴です。

DAMがおすすめなのは、以下の方・店舗です。
・歌う層が幅広く、本人映像で盛り上がることを想定している
・お客様同士での採点などで盛り上がる環境を用意したい

カラオケ導入後にしておきたいこと

最後に、カラオケ導入後にしておくべきことを2つご紹介します。この2つをすることは、その後の売上にも大きく関わってきますよ。

盛り上がる曲をピックアップ!おすすめの選曲をメニューに

まず1つ目は、盛り上がる曲をあらかじめピックアップしておくこと。
ガールズバーに訪れるお客様の層は、幅広いです。
どんな年代の方であっても盛り上がりやすい楽曲をあらかじめメニューに入れておくことで、お客様が歌う際に選曲で困らないように対策しておくことができます。

カラオケ

・年代問わず知っている歌手を選ぶ
・メジャーな楽曲を選ぶ
・しっとりした曲よりハイテンションな曲を選ぶ

以上のようなポイントを押さえて、事前に鉄板の楽曲を選んでおくと、スムーズにカラオケを楽しんでもらうことができます。

デュエットNGということを明記しておくと断りやすい

先ほどご紹介した通り、ガールズバーではデュエットを行うことはNGです。
しかし、スナックなどではカラオケをママと一緒に楽しんでいるなど「キャストとデュエット」するイメージを持っているお客様も少なくありません。

そんなイメージの中でいきなり「デュエットNG」と言われてしまうと、高まっていたお客様のテンションを必要以上に下げてしまいかねません。
あらかじめ店舗内やカラオケのメニューなどに「風営法でカラオケのデュエットを行うことは禁止されているため、当店ではデュエットを行うことができません」とはっきりと明記しておきましょう。
そうしておくことで、できる限りお客様の気を悪くせずにカラオケのデュエットを断ることが可能になります。ぜひ取り入れてみてくださいね。

風営法を守って楽しくカラオケを提供しよう

今回は、ガールズバーでカラオケを導入する際に気をつけるべきポイントについてご紹介しました。
イメージで「デュエットOKでしょ!」「時間関係なく朝までカラオケだ!」などと使用してしまうと、思わぬところで警察に取り締まりを受けることも。
風営法をしっかりと守って店舗・キャスト・お客様が皆クリーンに楽しめる営業を継続していきましょう。

 

水商売の経営に役立つノウハウをプレゼント



▼売上アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 売上UP編
▼税務調査の対策をしたい方▼
税務調査で知っておきたい4つの真実
▼開業して失敗したくない方▼
水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つのコツ


▼利益アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 リスク回避編
▼風営法対策をしたい方▼
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介
▼採用で失敗したくない方▼
キャバクラ経営者必見の面接まとめ&資料3点
▼勤怠管理を効率化したい方▼
簡単に始められるキャバクラ勤怠管理

スマホの人はLINEを登録して資料をゲット!
友だち追加