キャバクラ経営者必見!飛ぶキャバ嬢の特徴と対策

「自分のお店のキャストがとうとう飛んじゃった」

「キャストが飛んだらどうしようかと不安で夜も眠れない」

このように思うキャバクラの経営者の方も多いと思います。しかし、事前に飛ぶかどうかはわからないですし、キャストに飛ぶかどうか聞くことも出来ません。

そのように悩む経営者の方にお届けしたいのが今回の記事です。というのも、この記事では飛ぶキャバ嬢の特徴や原因、対策まで解説していますので、さきほどの悩みを解決出来ます。

つまり、この記事を読むことで飛ぶキャバ嬢に対して盤石な対策を取ることができ、しかも飛ぶキャストを減らす事ができます

そこで今回の記事では

  • キャバクラでキャバ嬢が飛ぶ原因と特徴
  • キャバクラでキャバ嬢が飛んだあとの対策
  • キャバクラでキャバ嬢が飛ぶ前にやっておきたい対策

の3つについて説明していきます。それでは早速キャバクラでキャバ嬢が飛ぶ原因と特徴を説明します。この記事を読んで、自分のお店のキャストを飛ばさせないようにしましょう。

キャバクラでキャバ嬢が飛ぶ原因と特徴

ここでは、

  • キャバ嬢が「飛ぶ」とは?
  • キャバ嬢が飛んだときのお店の損失
  • キャバクラでキャバ嬢が飛ぶ理由

の3つについて説明します。対策だけを行うだけでなく、基本的な知識やキャバクラでキャバ嬢が飛ぶ理由も確認していきます。それによって、対策を行う意図が明確になり、対策がより効果的になります。

それでは、キャバクラでキャバ嬢が飛ぶ原因と特徴を見ていきましょう。

キャバ嬢が「飛ぶ」とは?

キャバ嬢が「飛ぶ」または同義で「羽が生える」とは、キャストが突然お店を辞めることを言います。また、単に辞めるだけでなく、事前に連絡がなく、しかも音信不通になってしまうことを「飛ぶ」と言います。

加えて、キャバ嬢が飛んでしまうとお店への損失にもつながります。次はその損失についてみていきましょう。

キャバ嬢が飛んだときのお店の損失

キャバ嬢が飛んだときのお店の損失は以下の3つがあります。

  • シフトの組み直しの手間
  • 指名が入っていた常連客への対応
  • 他のキャストも飛んでしまう

お店の損失は単純にお金だけではなく、ほかのキャストへのマイナスな影響やお客さんからお店への信頼度もあります。また、キャバクラでキャバ嬢が飛んでしまうのはキャバ嬢だけの問題ではなくお店にも問題や理由がある場合がほとんどです。

シフトの組み直しの手間

キャストが飛んでしまった場合、シフトに入っていた日は通常よりも1人少ない人数で回さなければいけないため、他のキャストとの調整が必要になります。都合良くシフトに入ってくれるキャストがいれば良いで

すが、そうもいかないのが現実だと思います。調整がうまくいかない場合は、派遣のサービスなどを使うことになるため出費が大きくなります。

指名が入っていた常連客への対応

飛んだキャバ嬢が常連客を何人かもっているキャストだった場合、その子目当てに来たお客さんをがっかりさせてしまいます。他のキャストを気に入ってくれれば良いですが、お店に対する信頼度が下がって、二度と来店してくれないかもしれません。
キャストが飛んだ場合は、ボーイや店長が誠意を持って常連客に説明して、他のキャストを紹介しましょう。

他のキャストも飛んでしまう

飛んだキャストと同じような不満を持っているキャストがいる場合、1人が飛んでしまうとなし崩し的に続々とキャストが飛んでしまうことがあります。多くのキャストが飛んでしまうと営業できなくなり、最終的にキャスト不足でお店が潰れてしまいます。

そうならないために、まずキャバクラでキャバ嬢が飛ぶ理由を確認していきましょう。

キャバクラでキャバ嬢が飛ぶ理由

キャバクラでキャバ嬢が飛ぶ理由としては、以下の3つがあります。

  • キャバ嬢を辞めたい
  • お店がキャバ嬢を辞めさせてくれない
  • 他店に移籍するから

事前に辞めると伝えるのではなく、飛んでしまうのにはこれらの理由が絡んでいます。

キャバ嬢を辞めたい

仕事が思ってたよりもきつくて…、無断欠勤したらずるずると…。などと理由は様々ですが、このように感じて突発的に辞めてしまうのは圧倒的にキャバクラに入りたての新人さんに多いです。
他にも、十分にお金を貯めることができたキャストも飛ぶ可能性はあります。。学生などで、旅行のために稼いでいるキャストには注意が必要かもしれません。

お店がキャバ嬢を辞めさせてくれない

理由があって辞めたいのに辞めさせてくれないのは稼ぎ頭もしくは中堅レベルのキャバ嬢に多いです。常連客を持っているのでお店としても手放したくないでしょう。
辞めたいと提案してきたキャストに対しては誠実に対応をしましょう。
「辞めちゃダメ」
と言い放つだけではなく
「なぜ辞めたいと思ってしまったのか?」
「どうすれば一緒に解決できるか?」
など、誠意をもって対応してください。

他店に移籍する

他店に移籍するのは、現状に不満があるキャバ嬢です。お客さんの年齢層が合わなかったり給料に不満があるときに他店やフリーのスカウトマンに勧誘されて…というパターンが多いです。

以上の理由を店長さんや経営者の方が掴んでおけば、対策を立てられるだけでなく今後のお店づくりにも役立っていきますので、確認していきましょう。

今すぐ無料で使える!飛ぶキャスト対策もできるキャバクラ勤怠管理の役立ちテンプレート

キャバクラでキャバ嬢が飛んだあとの3つの対策

キャバクラでキャバ嬢が飛んだ後の対策は以下の3つです。

  • まず電話で連絡を取ってみる
  • 仲が良かったキャストに連絡を取ってもらう
  • 他のキャストの教育を徹底する

これらを実行すれば飛んだあとのお店の損失を減らすことが出来ます。どの対策もとても大切ですので、頭に入れておくようにしてください。
すでに飛んでしまったキャストがいる方は是非実践してみてください。

それでは、実際にキャバクラでキャバ嬢が飛んだあとの対策を紹介していきます。

まずは電話で連絡を取ってみる

キャストが飛んだと判断した場合は、まず電話をしてみましょう。電話で連絡が取れた場合、キャストと話し合って説得することも可能ですので、店長や黒服、公衆電話などあらゆる手段で電話をかけてみましょう。

キャストの家に行くという方法もありますが、居留守を使われたり、かえって心を閉ざしてしまうことが多いので逆効果です。

仲が良かったキャストに連絡を取ってもらう

次に、仲が良かったキャストに連絡を取ってもらいましょう。店長の電話には出なくても友達や仲の良いキャストからの電話になら出る場合があります。

もし、電話に出たなら、続けるように説得するか常連さんの引き継ぎをしてもらうために1ヶ月は出勤してもらうようにしましょう。

他のキャストの教育を徹底する

こちらは、あるキャストが飛んだ場合に他のキャストに影響しないための対策です。一般的には飛んだキャストに対策が集中しがちです。しかし、この他のキャストへの対策を怠ると
「このお店は飛んでも大丈夫だ!」
と舐められてしまいます。

対策としてはまず、飛ぶという行為自体が、人間としてやってはいけない行為であることを伝えましょう。次に飛ぶという行為がいかに他人に迷惑をかける行為なのかをしっかり説明しましょう。また、契約時に結んでいるルールをもう一度確認することも重要です。

場合によっては飛んだことを隠すことも一つの手になります。
他のキャストにバレていない時は、適当に辞めた理由を作ってしまいましょう。

このように、改めて飛ぶという行為やそれによっての迷惑を説明することで、他のキャストへの影響を最低限に抑えることが出来ます。

キャバクラでキャバ嬢が飛ぶ前にやっておきたい3つの対策

飛んだキャストへの対策も大事ですが、他のキャストが飛ばないようにする対策はお店づくりの上でも非常に重要です。
飛ぶキャストは「キャバクラなんて適当な商売だから飛んでもいいだろう」と思っている場合がほとんどです。よって、ルールや環境づくりをして、飛ばない雰囲気のあるお店を作りましょう!
キャバクラでキャバ嬢が飛ぶ前にやっておきたい対策は以下の3つが挙げられます。

  • 契約時に辞めるときのルールを伝える
  • 飛びそうなキャストへの事前のケア
  • キャストのための環境づくり

これは先に書いたキャバ嬢が飛んでしまう原因と関連する部分があります。その原因をもとに対策を考えることが出来ますのでしっかり確認しましょう。

飛びそうなキャストへの事前のケアを

飛びそうなキャストとは、現状に不満を持つキャストのことです。そういったキャストと面談することでその不満を把握し、対策を取ることにつながります。

また、辞める意志が固いようならば、辞めさせてあげるのも1つの手です。指名が取れるキャストを失うのはお店にとって痛手です。しかし、事前に辞めるとわかっていれば他の女の子に常連客を引き継がせたりすることも出来ますので、お店にとって大きなマイナスにはならないでしょう。

契約時に辞めるときのルールを伝える

飛ぶという行為を止める、躊躇させるために辞めるときのルールを伝えておくのが最初の対策です。ある種水際対策ですが、あるのとないのでは大きく違いが出ます。例としては、

  • 辞める場合は、1ヶ月前に店長に伝える
  • 辞める月の給料は手渡しにする

などの対策があります。特にお金はキャバ嬢にとっては重要ですので、踏みとどまらせる対策としては良いでしょう。
契約時のルールに辞めてから数ヶ月は他店で働くことを禁止する内容を入れると他店への移動を制限できます。

キャストのための環境づくり

キャストが働きやすい環境づくりをすることは、入店した直後の新人がうまく馴染めるようにすることです。知り合いもおらず、慣れない仕事をする新人のキャストは孤独になりがちです。また、給与がしっかりと払われないなどで店舗の雰囲気が悪いとキャストは「別に飛んでもいいのかな」と思います。
一方でしっかりとしたお店だという印象があれば、キャストが勝手に飛ぶことも減るでしょう。
雰囲気を良くするには水商売専用のPOSシステムを使ってみてください。キャストのお店への安心感がグッと上がります。

飛ぶキャスト対策の必須アイテム!水商売専用POSシステムのTRUST

飛ぶキャストの対策としてルールと環境づくりを説明しました。
そして、ちゃんとしたお店であるという環境づくりにオススメなのがPOSシステムです。
POSシステムを使うことでキャストのお店への信頼感をあげることができます。

しかし、普通のPOSシステムでは指名料金やセット料金など複雑なシステムのあるキャバクラには対応しておりません。
そこでぜひオススメしたいのが、水商売専用のPOSシステム「TRUST」です。

水商売専用のPOSシステム「TRUST」は以下のようなことを可能にします。

  • 自動で明朗会計の伝票を作成
  • キャストの給与計算が正しく行われている
  • 業務が効率化されていて働きやすい環境である

キャバクラにとって、キャストの採用は非常に大事な課題です。キャストはすぐに辞める人が多いため、年中採用活動を行わなければなりません。
一方でPOSシステムを導入して働きやすい環境を作れば、辞めるキャストを減らすことができます。
さらに、今なら軽減税率対策補助金を使ってお得にTRUSTを導入できる店舗もあります。無料デモもやっておりますので、この機会に是非お試しください。

TRUSTは月額9,980円と29,800円の2種類があります。
キャバクラではキャストを集めるために高い金額で求人広告を利用しています。一人分の採用コストは店舗によって異なりますが、教育費を考えると5~10万円ほどかかります。その一部を辞めるキャスト対策に使ってみてはいかがでしょうか?
1ヶ月29,800で利用できるTRUSTを使うことで、一人でも辞めるキャストがいなくなれば費用対効果的には悪くありません。
求人コストを減らして、POSの導入もご検討ください。

まとめ:キャバ嬢を飛ばせないために不満をなくして信頼関係を築こう。

近年、キャバ嬢だけでなく、他のアルバイトや新入社員でさえも連絡をせずに辞めるという意味の「バックレる」という言葉が一般的になりました。そのような世間の風潮がキャバクラのキャストにも影響してきている気がします。

今回の記事では、大きく分けて以下の3つについて説明しました。

  • キャバ嬢が飛ぶ原因と特徴
  • キャバ嬢が飛ぶ前にやっておきたい対策
  • キャバ嬢が飛んだあとの対策

キャバクラの店長や経営者として、お店の売上をあげるためのキャストの成績管理やマネジメントも必要ですが、キャストを辞めさせないようなリスクマネジメントも同時にとても重要です。

今回の記事で説明したように、キャバクラのキャストが飛ばないようにするためにはキャストの不満や現状を把握して、キャストのための環境づくりや契約時のルール設定が重要です。また、キャストと信頼関係を築くことは、キャストマネジメントとリスクマネジメントにつながります。

当記事で説明した対策を活用して、自分のお店のキャストを飛ばさせないようにしましょう。

水商売の経営に役立つノウハウをプレゼント



▼売上アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 売上UP編
▼税務調査の対策をしたい方▼
税務調査で知っておきたい4つの真実
▼開業して失敗したくない方▼
水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つのコツ


▼利益アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 リスク回避編
▼風営法対策をしたい方▼
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介
▼採用で失敗したくない方▼
キャバクラ経営者必見の面接まとめ&資料3点
▼勤怠管理を効率化したい方▼
簡単に始められるキャバクラ勤怠管理

スマホの人はLINEを登録して資料をゲット!
友だち追加