【費用を抑えて開業】水商売で居抜き物件を使う時のメリットデメリットを紹介

水商売の開業をしたいけど、初期費用が結構かかるな〜
居抜き物件なら費用を抑えられるけど、実際はどうなんだろう?

と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

実際に開業セミナーを行うと、多くの方が物件についての質問をされます。

そこで今回の記事では、居抜き物件の気になる疑問について紹介していきます。

・水商売の居抜き物件とは
・スケルトンやリース物件との違い
・居抜き物件を借りるときの注意点
・居抜き物件の探し方

居抜き物件を賢く使って、夢の実現への一歩を踏み出してみてください。

水商売の居抜き物件とは

居抜き物件とは、その物件を前に使っていた店舗の設備や内装を残した物件のことです。

イメージ的には、すぐに住み始めることができる「家具・家電付きのアパート」のような感じです。

水商売の居抜き物件では、内装、椅子やテーブル、厨房設備などが備え付けられているケースが一般的です。

また、グラスやコースターなどは含まれない可能性が高いので、一つ一つ確認が必要です。

水商売で物件を探す際に知っておきたいスケルトンとリース店舗

水商売の開業では居抜き以外にもスケルトンとリース店舗があります。
どちらもメリットデメリットがあるので、しっかりと抑えておきましょう。

居抜き物件の真逆のスケルトンとは

水商売のスケルトンとは内装がない物件で、居抜き物件の反対の意味で使われることが多いです。
基本的には何もなく、建物を支える柱や床だけの状態になります。

自由度が高い一方で、内装からソファーや机などの全ての設備を揃える必要があります。

また、ほとんどがスケルトンなのですが、一部の設備だけ残っている場合などもあります。このような場合は一部居抜きや半スケルトンと呼ばれています。

居抜き物件と似ているリース店舗とは

リース店舗とは、入居前から造作や内装、厨房設備が食器等が備わっている物件になります。そのため基本的にはすぐに営業を始めることができます。

居抜き物件と似ていますが、実は大きな違いがあります。

居抜き物件の場合は内装や設備を購入したり無償で譲り受けています。そのため、自分で勝手に修理をしたり交換したりすることができます。

一方でリース店舗の場合は、内装や設備は大家さんのものになり、それを勝手に取り替えたり修理したりすることはできません。

設備の故障などがあった場合は大家さんが対応してくれます。また、メンテナンス等も行ってくれます。

設備が整っていて、メンテナンスも行ってくれますが、その分賃料は少し高くなります。

水商売で居抜き物件を利用するときに絶対に知っておきたい3つの知識

次に居抜き物件を利用するに際に、絶対に抑えておきたいポイントを説明していきます。
居抜き物件にはたくさんのメリットがありますが、そのメリットを活かすためには注意するべきことも多くあります。

初めての開業を失敗しないようにするために、しっかりと理解しておいてください。

前の店舗が閉店した理由を調べておく

居抜き物件として店舗を借りることができるということは、前の店舗は何かしらの理由で閉店したということになります。閉店した理由は必ず確認してください。

もし店舗の立地と関わる場合は注意が必要です。立地的にお客さんが入りづらかったり、近隣住民とのトラブルがあった場合などは危険です。

前の店舗の失敗を引き継がないために必ず確認しましょう。

また、可能なら1つ前だけでなく、過去の店舗の閉店理由も聞いてみましょう。

逆に前の店舗の評判がよかったという場合もあります。そうなると前のお客さんを取り込める可能性もあります。

引き継がれる設備と動作チェックを行う

居抜き物件では設備を引き継ぐことになりますが、引き継がれる設備と動作の確認を必ず行ってください。
当たり前のように引き継ぎがされると思っていたものが契約書には書いておらず、引き継ぎがされないケースも想定されます。

失敗がないように1点1点しっかりと確認をしてください。

また、引き継がれる設備が正しく動くかの確認も必ず行ってください。

エアコンや冷蔵庫、トイレや水回りだけでなく、ソファーに穴が空いていないかの確認も行ってください。

契約後にトラブルにならないように心がけてください。

内装にこだわり過ぎない

居抜き物件を借りる場合は内装にこだわりを加えることは難しくなります。

もちろん簡単に変更できる範囲であれば大丈夫ですが、大きく変える場合は普通よりも費用がかかる場合があります。

すでに他の人が作った内装に新しく手を加えることは意外と面倒なことです。

また取り替えの費用が余分にかかる場合は0から作るよりも費用がかかります。

居抜き物件の場合は、基本的には内装はそのままになると思ってください。

水商売の居抜き物件の探し方を紹介

水商売の居抜き物件の場合を探す場合にはいくつかの方法があります。

水商売と言っても、キャバクラ、ガールズバー、ホスト、スナックなど様々な業態があります。また、エリアによっても最適な探し方は様々です。

ここで一般的な方法と、弊社の開業サポートのご案内をしていきます。

実際に街を歩いて探す

1つ目に紹介する方法は実際に街を歩き回って探す方法です。

一見非効率な方法に見えますが、意外と効果が高い方法になります。

街を実際に歩くことで、ネットにはまだ出ていない優良物件を見つける可能性もあります。
基本的に優良物件は人気があるため、ネット上に出た瞬間に他の人に取られてしまうか、ネットに出る前に取られてしまいます。

誰よりも早く見つけるためには実際に歩き回る方法は意外と効果的です。

今まで多くの店舗のオーナーとお会いしましたが、いい物件を見つけた人の多くは実際に街を歩き回って発見していました。

そのエリアに土地勘がある場合は、実際に歩き回ってみてください。

エリアの不動産に行ってみる

出店するエリアが決まっている場合は街の不動産屋さんに行ってみてください。

その街に根ざしている不動産屋は豊富なエリア情報を持っています。
大家さんと直接繋がっているケースも多いため豊富な物件があります。

デメリットとしては、複数のエリアをまたがって調べることは難しいです。
例えば「小田急線沿いのどこかで開業したい」と思っている場合には、様々な不動産屋さんとやり取りをする必要が出てきます。

エリアが決まっていない場合には不向きな方法となっています。

エリアが決まっていない場合はインターネットで調べる

最後にインターネットで調べる方法を紹介します。

普通の賃貸マンションなどの物件情報と同じように、水商売の不動産情報もサイト上にまとまっています。

特にオススメなのはカラオケのジョイサウンドが運営している「物件探さナイト」です。

実際に物件情報をみることができるので、是非ご確認ください。

物件の探し方や開業の無料相談を実施中

今回の記事では、様々な物件の探し方を紹介してきました。

水商売の開業をする中で、物件選びは最初に立ちはだかる大きな壁です。
開業の成功は物件選びに大きく依存しています。

そのため、より多くの情報を集めて物件を決めてください。

その中で今回の記事では説明しきれなかった情報が多くあります。
弊社が持っている物件の最新情報やエリアごとの情報がまだまだあります。

このような情報を個別に知りたい方のために「ラインの無料相談」を行っています。
物件に関してエリアや重視したいポイントをヒアリングしたのちに、最適な選び方のご提案をさせていただきます。

友達追加後に、「無料相談を希望します」とメッセージをお願いします。




多数の
お役立ち資料あり

ダウンロードはこちらから

LINE登録

ダウンロードはこちらから

関連記事