ガールズバーは深夜営業!お得な補助金も貰える深夜営業許可とは

ガールズバーを経営する時に気にかけるのが、

  • 深夜酒類提供飲食店許可
  • 風俗営業の許可

のどちらを取得するか、だと思います。

しかし、どこが違うのか?と悩んでいるオーナーさんは多いと思います。

違いをはっきりと理解した上で、
ガールズバーで受け取る事が出来るお得な情報まで手に入れる事が出来たら嬉しいですよね。

今回の記事では、

  • 風営法について
  • 風俗営業と深夜酒類提供飲食店の違い
  • ガールズバー経営で受けられる補助金

に的を絞って話を進めていきましょう。

キャバクラ・ガールズバー・スナックなど水商売における風営法

今回の記事の中心となる風営法について、どのような知識を持っていますか。

イメージとしては、〇〇や△△は大丈夫だけど、□□はダメだったかな、

などと漠然としていませんか。

その理由としては、風営法自体が漠然としているからです。

風営法は3つの構造になっています。

①風営法=風営法全体の理念や枠組みを定めている。
②風営法施行規則=許可をする場合などに、一般的な基準を定めている。
③風営法解釈運用基準=風営法をどのように判断するべきかのガイドラインを定めている。

このように一般的な基準やガイドラインはありますが、特定の何か禁止するとは書いていないため、
それぞれの解釈に依存しうる部分があります。

これが漠然とイメージを抱かせている根源です。

キャバクラは風俗営業許可第1号

風営法の中でも、風俗営業は1号営業から5号営業までに区分されています。

その区分の中で、キャバクラは風俗営業許可第1号営業に当たります。
1号営業は社交飲食店と言われます。

キャバクラやホストクラブは、キャストが客の隣に座りお酒を作ったり、一緒に飲むお店のことです。

そして従業員が客とお喋りをし、一緒に酒を飲み、カラオケをデュエットするなどの行為は風営法では接待行為と呼ばれています。

この風営法上、接待行為の有無が社交飲食店と一般の飲食店の大きな違いです。

詳しい内容については、下記のページを参考にしてみてください。

参考:ガールズバー経営者が絶対に知っておくべき接待の基準

ガールズバー深夜営業許可

ガールズバーは、基本的に深夜酒類提供飲食店として、風営法上の届け出が必要となります。
このカテゴリーは届け出であり許可とは異なります。

少しわかりにくいですが、通常は申請を受理した後に、妥当性を審査し許可をする形です。

しかし、届け出の場合は、署名を提出する事で営業を行う事が出来ます。

ただし、届け出とは言っても実際は警察署のローカルルールや様々な要件があるため手続きの難易度的には許可とさほど変わらない場合も多いです。

また極少数ですが、ガールズバーを深夜酒類提供飲食店ではなく、風俗営業許可第1号とする場合もあります。

これはオーナーさんの考えに依存します。

スナックは深夜営業許可

スナックも基本的には、ガールズバーと同じです。
基本的には深夜酒類提供飲食店として届け出を提出して、営業を行います。

営業許可と届け出の二重申請は出来ない

では、一般的に風俗営業許可第1号許可を取って、かつ深夜酒類提供飲食店としての届け出を出せば、接待行為も行いつつ、24時間営業できるのではないかと思われませんか?

実は、それはできないのです。

つまり、両方の許可を取得して接待行為を行って、深夜にも営業するような良いとこ取りは法律違反になります。

風俗営業と深夜営業許可の細かい違いとは

上記でも述べた通り、接待行為の有無が、風俗営業許可第1号と深夜酒類提供飲食店との大きな違いです。

更に詳しい内容については、以下の表をご覧ください。

  許可・届け出 接待行為の可否 営業時間 保護対象施設の要件 客室面積 客室の明るさ 立会検査の有無 申請から営業開始まで
風俗営業許可第1号 許可制 可能 原則午前0時まで 有り 16.5㎡以上 5ルクス以上 有り 55日
深夜酒類提供飲食店 届け出制 不可能 24時間 無し 9.5㎡以上 20ルクス 無し 10日

参考:ガールズバー経営者が絶対に知っておくべき接待の基準

水商売以外にもある風俗営業

水商売以外にも、身近にあるお店が風俗営業許可を取っている場合があります。
それらの概要をまとめた表が以下になります。

許可の種類 1号許可 2号許可 3号許可 4号許可 5号許可
概要 キャバクラやホストクラブ ナイトクラブなど 区画席飲食店 麻雀・パチンコ店 ゲームセンター等

パチンコ店やゲームセンターなども風営法の風俗営業許可に該当します。

ガールズバーなら深夜営業許可を使って軽減税率補助金制度をお得に利用しよう

ガールズバーを既に経営していらっしゃるオーナーさん、これから経営を行うことを考えいているオーナーさんには、是非軽減税率補助金制度を利用して頂きたいと思います。

突然軽減税率補助金と言われて困惑される方も多いと思いますが、簡単に説明していきます。

軽減税率補助金の概要

軽減税率とは、消費税率の上昇に伴い国民の負担を「軽減」するために一部商品の税率を下げる税率制度のことです。

税率の異なる商品を1つのお店で同時に管理するのは面倒ですね。それに対して国がより柔軟に対応して欲しいという事で実施されている補助金になります。

ガールズバーにおける軽減税率補助金

ガールズバーでは軽減税率補助金の恩恵を受ける事が出来ます。

どのように恩恵を受けられるかと言いますと、

軽減税率に対応した「POSシステム」を導入する際の費用を一部国が支払う事で、導入費用を通常より安く出来るという恩恵です。

ガールズバーの経営にはPOSシステムのTRUSTを活用しよう!

水商売の経営を行っている人やこれから始める方はPOSシステムのTRUSTを活用することで、スマートな経営ができます。
このPOSシステム「トラスト」は軽減税率に対応しているため、補助金の対象となります。
POSシステムを導入すれば、以下の仕事を効率化、短時間化することができます。

  • 業務効率化
  • 給与計算
  • キャスト管理
  • 不正防止
  • 売上向上
  • 雰囲気演出

上記の仕事を効率化、短時間化することができれば、キャストや黒服の教育といったお店のための仕事も実行することができます。
POSシステムの「TRUST」は、業界NO.1のシェアを持つキャバクラ向けの会計システムです。
導入コストの低さと、先進的な店舗管理システムを兼ね備えています。iPadならではの操作性の良さも抜群です。

軽減税率についてより詳細に述べている記事もありますので、そちらも閲覧してみてください。

※軽減税率補助金には期限がありますの、お早めに。

参考:今がチャンス!ガールズバー・スナックなら軽減税率補助金を使おう

まとめ:ガールズバーなら絶対に深夜営業許可

いかがだったでしょうか。

  • 風営法について
  • 風俗営業と深夜酒類提供飲食店の違い
  • ガールズバー経営で受けられる補助金

この3点について理解して頂けましたか。

ガールズバーでは、深夜酒類提供飲食店の許可を取得するのが主流です。
その中で接待などの基準を意識しながら、利益を拡大出来るように経営を行なっていきましょう。
またその経営をサポートするためにPOSシステム「トラスト」の導入を考えてみてはいかがでしょうか。

水商売の経営に役立つノウハウをプレゼント



▼売上アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 売上UP編
▼税務調査の対策をしたい方▼
税務調査で知っておきたい4つの真実
▼開業して失敗したくない方▼
水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つのコツ


▼利益アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 リスク回避編
▼風営法対策をしたい方▼
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介
▼採用で失敗したくない方▼
キャバクラ経営者必見の面接まとめ&資料3点
▼勤怠管理を効率化したい方▼
簡単に始められるキャバクラ勤怠管理

スマホの人はLINEを登録して資料をゲット!
友だち追加