セミナーのバナー

キャバクラオープンを成功へ!「コンセプトシート」について解説

これからキャバクラをオープンするという方、お店の「コンセプト」は明確に決定できていますか?

結論から言いますと、キャバクラオープン後の成否はコンセプトによって決まるといっても過言ではありません。

上記のようにコンセプトに関してお悩みの方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

今回はコンセプトを決定するための「コンセプトシート」に関して、以下の内容を解説していきます。

しっかりとコンセプトを決定し、キャバクラ開業を成功させましょう!

キャバクラ開業時にはコンセプトシートを作成しよう

そもそも「コンセプト」とは、お店の土台となる指針やテーマを意味します。

このコンセプトが重要な理由としては、主に以下が挙げられます。

キャバクラを経営していく上で、コンセプトがいかに重要かお分かりいただけるでしょうか?

逆にでしょう。

上記のような方は、ぜひ「コンセプトシート」でコンセプトを決定しましょう。

コンセプトシートとは

一度シートを作成すればお店の方針としてずっと活躍してくれますので、ぜひ開業前に作成しておきましょう。

キャバクラのコンセプトシートの9項目

キャバクラのコンセプトシートは、以下の通りです。

誰に何をどのように売るか」という基本部分をはじめとして、9つの項目を設けています。

それぞれの項目について説明していくので、ぜひキャバクラのコンセプトの言語化に役立ててみてください。

①基本コンセプト

まず1つ目は「基本コンセプト」。

これは要するに、自身のお店を一言で表すとしたら、どんなお店?という問いです。

最初は抽象的でもいいので、まずは言語化するところから始めてみましょう。変に誇張した表現はせず、等身大でお店のイメージを表現してみてください。

最終的に、が出来上がればOKです。

困った時は「誰(ターゲット)に何(どんなキャスト)をどう売るか(お店の強み)」の基本部分から考えてみましょう。

②立地・物件

2つ目は「立地・物件」です。

立地・物件は客層と密接に関連してくる重要なポイントですので、ターゲット像も意識しつつ決定しましょう。

基本コンセプトやターゲット像と矛盾がなければOKです。

③ターゲット

3つ目は「ターゲット」です。

こちらはキャバクラを経営する上でも重要度が高い部分なので、具体的に決定しましょう。

ターゲットが明確であればあるほど、ターゲットに「刺さる」お店を作れる可能性が高くなります。

基本コンセプトで決めた「誰に何をどう売るか」の「誰に」の部分を、このステップでより具体化していきましょう。

④利用動機

4つ目は「利用動機」です。

3点目に設定したターゲットが、数あるキャバクラの中でなぜあなたのお店に来店するか、その理由を考えてみましょう。

こちらは、言い換えると「あなたのキャバクラが選ばれる理由」を決定するステップでもあります。

お店の特徴や強みにしたい部分を考え、お客さんがお店に来る理由を明確にしておきましょう。

⑤サービス・オペレーション

5つ目は「サービス・オペレーション」です。

キャストやスタッフの接客方法はお店の印象に大きく関わってきます。

このように、キャストとスタッフをどう教育するかによってお店の雰囲気は全く違うものとなります。

コンセプトやターゲットから逆算し、どういった接客がお客さんに刺さりそうかを考えつつ決定してみましょう。

⑥メニュー

6つ目は「メニュー」です。

メニューによってもお客さんの過ごし方やお店への印象は違ってきます。

極端な話、です。

客層に合わせた商品を揃えつつ、「おすすめ」を設けるなどして、注文してもらいやすいメニュー作りを心がけるといいでしょう。

このほか、「延長料金」や「指名料金」などもここで決めます。

⑦店内外環境

7つ目は「店内外環境」です。

こちらは要するに内装・外装はどのようなものにするか?という点です。

コンセプトのイメージを、お店に形としてアウトプットしていきましょう。

ただデザインなどは専門的な部分でもあるので、なんとなくのイメージだけ決定し、細かい部分は業者さんに相談するといいです。

⑧価格・支払方法

8つ目は「価格・支払方法」です。

このステップでは、想定客単価やお客さんの支払方法などを決定します。

ターゲットとメニューから考えれば、おおよその客単価が予想できるはずです。

決済方法に関しては予測しきれない部分もあるかと思いますので、とりあえず予想で決済方法を揃えつつ、実際にお店を開店してから修正していくのもいいでしょう。

⑨プロモーション・宣伝販促

9つ目は「プロモーション・宣伝販促」です。

どのように集客すれば効果的かも考えておきましょう。

ターゲットや立地から考えるのがおすすめです。

集客方法は様々なものがありますので、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

キャバクラの集客術を大公開!お店の売上を大きく上げよう

キャバクラのコンセプトシートの活用法3選

ここまでキャバクラコンセプトシートの概要について紹介してきました。

最後にコンセプトシートの活用方法も3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

それぞれ解説していきます。

①開業準備の際にブレがないかチェックする

コンセプトシートが最も役立つのは、ズバリ「開業準備」の際です。

開業時には様々なものを準備していく必要がありますが、あまりにやることや考えることが多すぎると、どうしても「ブレ」が生じてしまうことも。

しかし、です。

例えば高級感のあるお店のはずなのに、家具や灰皿などの小物を安物で揃えたりしていませんか?

開業時の違和感は徹底的になくし、コンセプトに則ったお店を実現しましょう。

②キャスト・スタッフ教育時に活用する

続いて、コンセプトシートはキャスト・スタッフ教育時にも活用可能です。

なぜなら、スタッフやキャストはお客さんと直接関わる立場だから。

スタッフ・キャストにコンセプトを理解してもらい、お店のイメージを実現させるための1つのピースとして活躍してもらいましょう。

③新たな施策を打つ際に参考にする

最後に、キャバクラで新たな施策を打つ際にも、コンセプトシートが役立ちます。

例えば以下のように、お店の方向転換や売上アップを考えた時、どうしても新たな施策が必要となります。

しかし、も珍しくはありません。

こうした時はコンセプトシートを見直し、コンセプトを基に施策を選定してみましょう。

経営で何か迷いが生じた際にもコンセプトシートは助けとなってくれます。

まとめ

今回はキャバクラのコンセプトシートについて解説してきました。

「コンセプト」はキャバクラ経営をする上で軸となる重要なポイントで、コンセプト次第でお店の成否が決まるといっても過言ではありません。

よって現在コンセプトが決まっていない方は、ぜひ早急にコンセプトシートを作ってみてください。

コンセプトシートはお店の指針の決定に役立つだけでなく、以下のような場面でも活躍してくれます。

最初は抽象的でもいいので、シートを活用し、徐々に自分の中のお店のイメージを言語化していきましょう。




TRUST(トラスト)|ナイトレジャー専門のPOSシステム(キャバクラ編)