キャバクラ経営者が知っておきたいアフターの知識

伝票10円キャンペーン

キャバクラ経営者、キャストはもちろんのこと、キャバクラを利用する方なら一度は耳にしたことがあるであろう「キャバクラのアフター」。
そんなキャバクラ業界では当たり前の、「アフター」ですが、

アフターを推奨することでお店にどのような利益があるんだろうか
そもそもアフターってデメリットしか思い浮かばない

という悩みや疑問をお持ちの経営者の方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では

  • キャバクラのアフター
  • キャバクラのアフターのメリットとデメリット
  • お店としてキャストへサポート出来ること

の3点について説明をしていきたいと思います。

キャバクラのアフターとは

キャバクラのアフターとは、店舗の営業終了後に、その日に来店してくれたお客様と一緒に

  • 別のお店
  • 別の場所

に行き、飲み直したり会話を楽むことです。

お客様がアフターに誘う理由とは

お客様は、お店と違った雰囲気でその日に指名したキャストと仲良くなることを目的としてアフターに誘います。
また同伴と異なり、時間を気にする必要がないため下心を持ってアフターに誘うお客様も少なくありません。

ところで「同伴」とは?

キャバクラのアフターのメリットとデメリット

一般的に、お店はアフターに関与することはほとんどありません。アフターを禁止しているような地域もあります。
しかし、アフターにはメリットがあります。今回はそれぞれの立場からどのようなメリットがあるのか確認していきましょう。

キャバクラのアフターが与えるお店へのメリット

キャバクラのアフターに危険性を感じ、禁止とするお店もある中で、実際にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

常連客になってくれる

同伴にも言えることですが、信頼関係を築く上で「営業時間外に会うことができる」ということはお客様に良い印象を与えます。

それによって、
「またこの人と飲みたい」
と思ってもらえるでしょう。

さらに、キャバクラに慣れているお客様の中には、アフターは同伴と違い、キャストに報酬が支払われない事を理解しているお客様もいらっしゃいます。そのようなキャバクラの料金システムを知っているお客様からすれば、直接的なメリットのないアフターに来てくれることそのものに好感を持ち、より一層常連のお客様として来てくれるようになるでしょう。

指名が被った際のアフターフォローになる

キャストが売れるようになればなるほど、指名が被ることが多くなります。

指名が被り、お客様一人当たりの接客時間が少なくなってしまうと、キャスト目当てで来たお客様は不満に思ってしまうかもしれません。

その不満を解消するためにもアフターは有効です。
アフターの時間を利用して二人の時間を提供するだけで、そのお客様のキャストに対しての印象は上がります。
それによって、次も指名しようという感情が高まります。

お店に直接のメリットがあるわけではありません。
しかし、キャストのブランド力を向上させる事に一役買ってくれるのがアフターというシステムなのです。

お金が全くかからない

同伴の場合、同伴バックや昇給といった特典をキャストに与える必要がありますが、アフターの場合はそういった特典はないお店がほとんどです。
つまりアフターを推奨してもお店としてはコストに何も影響がないのです。
これは直接的にお店にとって経済的なメリットがあるとは言えないかもしれません。
しかし、他のメリットと組み合わせた際に
「コストがかからないのにいろいろなメリットがある」
と考えることができればイメージしやすいでしょう。

キャバクラのアフターがお店に与えるデメリット3選

メリットがある一方でアフターを推奨しないお店も当然あります。
つまり、デメリットがあることも事実です。
以下のようなものが考えられます。

お客様と恋愛に発展してしまう

口説くことを目的としたお客様からすればアフターは最大のチャンスです。
既にお酒も入っていて勤務終わりということもありキャストの気も緩んでいます。
このスキを狙われ、キャストとお客様が恋愛に発展することも少なからずあります。

恋愛に発展したキャストがお店を辞めるとなっては育てるためにかけた時間やお金が無駄となってしまいます。
恋愛に発展するとキャストの資源流出に繋がる恐れがあり、お店としては大打撃です。

キャストが危険な目に合うこともある

同伴においても同じ事が言えますが、店外ということもありキャストが危険に遭う可能性はあります。
しかし、同伴とアフターではアフターの方が危険性は非常に高まります
その理由は以下の二つが挙げられます。

    • お酒がすでに入っている

キャストもお酒が入っておりガードが薄くなっていることに加えて、お客様もお酒が入っているということで、同伴や、お店にいた時とは違った一面を見せる可能性が高まります。

この「キャストもお客様もお酒が入っている」という双方の危険性をキャストはもちろんのこと経営者も常に念頭に置いておいた方が良いでしょう。

    • 時間制限がない

同伴の場合は出勤時間という制限があるため、同伴の時間を見積もりやすいです。
しかし、アフターには時間の制限がありません。
アフターの危険性を減らすためにも、「終わりの時間」と「その理由」をあらかじめ提示 しておきましょう。詳しくは次の章で説明します。

アフターの危険性を十分で理解した上でキャストに注意喚起をしておくべきでしょう。

アフターを何度も断ると関係性が悪化する

これはアフターを行う直接的なデメリットではなく断り続けた場合のデメリットですが、特にお気に入りのキャストに断られ続けると常連のお客様もお店に来なくなってしまいます。

長くお店に来てもらうためにもアフターを取り入れることは必要不可欠なのかもしれません。

ではどのようにリスクを回避したらいいのでしょうか。
次の章で一緒に確認していきましょう。

キャバクラのアフターが与えるキャストへのメリット

同伴では同伴バックと呼ばれる報酬がありますが、アフターにはそのような特典はありません。アフターがキャストに与えるメリットがわからないという方はぜひ一読してください。

お客様をリピーターにできる

お店のメリットと重複するところではありますが、お店の外でキャストと飲みに行ったりすることでキャストとの仲を深め、
「またこの人と飲みたい」
と思わせることでキャストの固定客としてお客様に来てもらえるようになります。
疑似恋愛感を高める絶好の機会がこのアフターなのです。

指名が被った際のアフターフォローになる

これもお店側のメリットと重複しますが、キャストが売れるようになるほど指名が被ることが多くなり、一人当たりの接客時間が短くなり、常連のお客様でもそれをきっかけに足を運んでくれることが少なくなったり、最悪の場合来なくなる可能性もあります。
そのような時にこそアフターに誘うことで、疑似恋愛感を再燃させてお客様の心を再び掴みましょう。
このように細かく気にかけることでキャストに対する印象が上がり、リピートに繋がるのです。

キャバクラのアフターが与えるキャストへのデメリット

アフターのデメリットとして筆頭にあげられることはキャストに直接関わることがほとんどです。キャストへのデメリットを経営者が十分に理解するということは非常に大切なことです。

危険性が高い

このことについてもお店側のデメリットとしてすでに説明しましたが

  • お客様、キャスト共にお酒がすでに入っている
  • 時間制限がない

という2点の理由から気をつけていないと危険な状況に追い込まれる可能性が出てきます。
お酒の配分を気にしたり、時間について対策を立てて自分の身は自分で守れるように意識しましょう。

次の日の予定に影響する

お店が終了するのは一般的に25~26時ごろです。
アフターとなるとその後になりますので、2時間程度で切り上げても27~28時ごろに帰り始めるということになります。
次の日の予定が遅ければ問題ないかもしれませんが昼間に別の仕事をしていたりする場合、そちらの仕事にも支障が出ることも考えられます。
日中の仕事のために睡眠不足が続き、体調不良で欠勤が続くようなことがあるとお店にも悪影響が及びます。

キャバクラのアフターが与えるお客様へのメリット

お客様のメリットはこの一点に尽きるのではないかと思います。

キャストと二人の時間を過ごせる

キャバクラで楽しい時間を過ごした後なら一人ですぐに帰ってしまうのもどこか寂しいものです。もう少しだけ長く一緒にいることでよりキャストとの仲も親密になり満足して帰ることができるでしょう。

キャバクラのアフターが与えるお客様へのデメリット

お客様へのメリットは心理的に大きいものでありますが、金銭的な負担なども大きいです。

次の日の予定に影響する

会社勤めのお客様がアフターをする場合、キャストのデメリットでも説明したように帰るのは明け方になります。休日ならそれでも問題ないかもしれませんが、次の日も定時で出勤しないといけないとなると大変です。継続的に来店していただけるためにもアフターの頻度が高すぎることは経営者としても要注意かもしれません。

送迎代がかかることも

本来、仕事が終わった後、キャストたちは終電がないこともあるため、方向が同じキャスト同士まとまって送迎するということがよくあります。
しかし、アフターの場合キャストはそのような送迎サービスが受けられないことが多いため、アフターが終わった後にキャストは帰る手段がなくなってしまいます。そのためアフターに誘ったらタクシー代を渡すということを考慮しなければなりません。
アフターのご飯代や飲み代とは別に送迎代といった費用もかかるかもしれないということをお客様は念頭に置いておく必要があります。一方でこのようなデメリットもお店としてはチャンスに変えることもできます。

次の章で各立場のデメリットを経営者としてどのようにサポートできるのか考えていきます。

キャストのアフターをサポートするキャバクラ経営者

メリットも多い一方でデメリットもあるアフターを最大限に活かすには経営者はどのようなことができ、どのような助言ができるのでしょうか。

酔っ払わない

勤務中、アフターと立て続けにお酒を飲んでいると必然的に飲んでいる量も多くなります。アフターの場合は特にお客様もキャストを酔わせようとする可能性は高まります。
お客様が豹変する可能性は同伴に比べると極めて高いです。
キャスト自身がお酒の飲む量などをコントロールする事を意識付ける事や、スキを見せないようにキャストには釘を刺しておきましょう。

終わりの時間を決めておく

同伴の時と同じく、アフターの時間の目安も1時間から長くとも2時間くらいとするのが良いでしょう。
理由としては

  • キャストの次の日の予定に影響が出る
  • 時間が長いほどキャストが危険にあうリスクが高まる。

といったことがあげられます。
事前に何時頃には帰るつもりかなどをキャストと相談しておくのも1つの手段になります。

終わりの時間の伝え方

明確な帰る理由を提示できた方がキャストもお客様も快くアフターをすることができるでしょう。
お客様が理由に違和感を感じてしまうと疑念感を覚えてしまい、今後友好的な関係を築く上で障害になってしまうかもしれません。

明確で」「筋の通った」理由を考えておきましょう。
具体例としては

「明日午前中から予定があるから〇〇しか時間取れないけど大丈夫ですか?」
など「理由」と「何時までアフターの時間を取れるのか」ということをアフターに誘われた時に伝えておくといいでしょう。

毎回違う理由を考えるのが難しければテンプレートとして
「◯時までには帰る条件でキャバクラで働いている」
といった門限があることを口実にしておくと繰り返し使っても「筋の通った」理由になるので疑心を抱かせることなく毎回帰ることができるでしょう。

アフターのプランはキャスト・お店が決める

同伴と同じように行くお店などはお客様に決めてもらうのではなく、キャストが決めた方が無難でしょう。
理由も同伴の時と同じで個室などに通される可能性が高まるからです。
お店を選ぶときはオープンでありながら雰囲気も悪くないお店を選びましょう。
またお店でお金を使った後なのでリーズナブルな値段のお店の方が喜ばれるでしょう。

これも同伴と同様でアフターに利用しやすそうなお店をリストアップしてキャストに渡しておくと良いでしょう。

キャバクラでのキャストの管理はPOSシステムで!

同伴やアフターといった他の仕事にはあまり発生しない、業務時間外のキャスト活動もお客様との信頼関係構築に大きく関係しています。キャバクラの店舗業務にはキャスト管理、給与計算などの事務作業もありますが、これらは同伴による同伴バック、指名料といったキャバクラ独特のシステムによって複雑で面倒に感じるでしょう。

このようなキャスト管理に苦労されている方々にオススメなのが、
弊社の水商売専用POSシステムの「TRUST」です。

「TRUST」は、下記のような手のかかるキャスト管理の仕事
・給与計算
・出勤管理
・ランキング作成

それ以外にも
・会計管理
・I Padで簡単に注文管理
・売上管理
・不正防止

これらの業務全てを一括して自動で簡単に処理できるようになります。

効率化できるものは全て機械に任せて、キャストの育成などより価値のある仕事に時間と人手を回せるようにしましょう。
少しでもサービスの向上やキャストの細かい管理に取り組む余裕が生まれるでしょう。
少しでも興味を持たれた方はぜひ検討してみてください!

まとめ

同伴と比較してメリットが見えにくいアフターというシステムについて紹介していきました。
一見同伴に比べると行う必要性が少ないようにも感じますが、お客様との友好関係を長く、深く築いていくために欠かせないものです。
アフターを効果的なタイミングでキャストに行ってもらい、お客様が「リピートしたい」と思えるようなお店作り、キャスト育成をしていきましょう!

伝票10円キャンペーン

水商売の経営に役立つノウハウをプレゼント



▼売上アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 売上UP編
▼税務調査の対策をしたい方▼
税務調査で知っておきたい4つの真実
▼開業して失敗したくない方▼
水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つのコツ


▼利益アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 リスク回避編
▼風営法対策をしたい方▼
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介
▼採用で失敗したくない方▼
キャバクラ経営者必見の面接まとめ&資料3点
▼勤怠管理を効率化したい方▼
簡単に始められるキャバクラ勤怠管理

スマホの人はLINEを登録して資料をゲット!
友だち追加