キャバクラ経営者必見!スカウトの選び方とトラブルへの対処法を徹底解説

「キャバクラのキャスト採用がうまく行かなくて困っている。採用してもすぐ辞めてしまう」

このような悩みがあるキャバクラの店長さんや経営者さんは多いことと思います。しかし、求人を出しても応募してくる女の子の人数は限られていますし、採用しても続けてくれるかどうかは女の子次第な部分があって難しいでしょう。

そのような方におすすめなのが、スカウトの利用です。というのもスカウトマンは、女の子のスカウト、お店への紹介だけでなく入店後のマネジメントもしてくれるためバックアップも安心です。

つまり、スカウトマンを利用することでキャスト採用がうまくいき、女の子も辞めずに続けてくれます。

そこで今回の記事では、

  • キャバクラのスカウトの選び方
  • キャバクラのスカウトとのトラブルと対処法

の2つについて解説していきます。それでは早速、キャバクラのスカウトの選び方を紹介します。スカウトでよりよいキャスト採用、お店づくりをしましょう

キャバクラのスカウト行為は違法である

最初に申し上げたいことは、スカウトは法律で禁止されているということです。
職業安定法や迷惑防止条例にて禁止されています。

それに伴い現在では、歌舞伎町を中心に規制が厳しくなっており、摘発の例も多くあります。
しかし、場所によっては取り締まりが厳しくなく、黙認されているのも事実です。
さらに、お店にとってはキャストを集める有効な手段としてなくてはならない存在でもあります。

今回の記事では違法であるスカウトをオススメしているわけではありません。
あくまでもキャバクラ経営者のための情報として紹介しています。

キャバクラのスカウトの選び方

キャバクラのスカウトの選び方には主に以下の3つが挙げられます。

  • キャバクラのスカウトの種類
  • スカウトの選び方のポイント
  • スカウトの見つけ方

もちろんスカウト行為が違法行為であるということは大原則ですが、人と人との関係は、求人サイトにはないものなので、求人サイトに比べて確実性があるのがポイントです。

キャバクラでのスカウトの種類

キャバクラでのスカウトは所属や会社によって

  • 自社型
  • グループ型
  • 個人型

の3つの種類があります。それぞれ雇用体系や給与体系が異なりますので、それぞれ見ていきましょう。

自社型

自社型とは、キャバクラを経営する会社に雇われているスカウトマンです。会社に雇われていますので雇用は安定しています。給与体系としては基本給インセンティブが設定されています。紹介するお店は把握できているので、だれでもスカウトするというよりはお店の特徴に合った女の子をスカウトしています。

グループ型

グループ型とは、スカウト会社に雇われているスカウトマンです。会社に雇われているものの、会社とお店が契約しているため実績を出さなければ、解雇の危険性があり雇用は不安定です。給与体系としては完全歩合制がほとんどです。グループ型はキャバクラだけでなく風俗のスカウトも兼ねているひとが多いのが特徴です。

個人型

個人型とは、フリーで複数のお店と契約しているスカウトマンです。一般的にキャバクラのスカウトマンとはこの種類の形態を指します。当たり前ですが、会社から雇われてはいません。給与体系としては、お店からの紹介料女の子からのバッグです。

スカウトの選び方のポイント

スカウトの選び方にはポイントがいくつかあります。それらを参考にしてスカウト選びをしましょう。

手腕

いかに女の子をスカウトできるか、これはスカウトマンという職種において最も大事な要素です。しかし、同時にわかりにくい要素でもあります。それを判別するためには、実績や人柄などを見るべきです。

手数料

手数料、つまりスカウトマンが女の子をお店に紹介した場合に支払う料金です。手数料はスカウトマンのモチベーションにつながりますが、お店の負担を考慮して金額を決めるべきです。

対応の良さ

対応の良さとは、連絡の頻度やスカウトマンへの信頼度に関わるものです。フリーのスカウトマンは複数のお店と契約しているため、必ずしも自分のお店だけに紹介してくれるとは限りません。そのため、連絡が途絶えたり、対応が良くないとスカウトマンへの信頼度に関わりますので注意すべきです。

対応エリア

スカウトマンの対応エリア、つまりスカウトする場所も重要です。それぞれの場所によって遊んでいる女の子の特徴も異なりますので、自分のお店に合ったタイプの女の子をスカウトしてきてくれるかどうかが重要です。

他店からの引き抜き

他店からの引き抜きは原則禁止ですが、風俗業未経験をスカウトするよりも経験者(もしくは働いている)女性をスカウトしてお店に紹介するほうが手っ取り早くお金が入ると考えるスカウトマンもいます。引き抜きで他店とトラブルにならないために事前に禁止であることを伝えておきましょう。

スカウトの見つけ方

スカウトの見つけ方は大きく分けて2つあります。

他店からの紹介

最も多いのは他店からフリーのスカウトマンを紹介してもらう方法です。他店からの紹介なので、実績と実力ともに申し分ないスカウトマンが多く、契約するお店が多いようです。

求人サイトからの紹介

一部の求人サイトでは、スカウトも行っている場合があります。その場合には、求人を利用する際にスカウトも紹介してくれます。
さらに、直接はやっていない場合でも紹介だけしてくれることもありますので、一度相談してみることをオススメします。

キャストの管理はposシステムで効率的に!

解説したように、スカウトを活用してキャストを採用することは売上を考える上では非常に重要です。
しかし、良いキャストを採用できたとしてもキャストをマネジメントできていなければ、足元をすくわれてしまいます。
というのも、キャバクラの店長の仕事は膨大で日報作成などの「やらなきゃいけない仕事」をするうちに、キャストや黒服の教育といった「お店のための仕事」を後回しにしがちだからです。
POSシステムを導入すれば、以下の仕事を効率化短時間化することができます。

  • 業務効率化
  • 給与計算
  • キャスト管理
  • 不正防止
  • 売上向上
  • 雰囲気演出

上記の仕事を効率化短時間化することができれば、キャストや黒服の教育といったお店のための仕事も実行することができます。
POSシステムの「TRUST」は、業界NO.1のシェアを持つキャバクラ向けの会計システムです。
導入コストの低さと、先進的な店舗管理システムを兼ね備えています。iPadならではの操作性の良さも抜群です。

まとめ:キャバクラ経営者はスカウトを賢く使ってしっかり集客しよう

そもそもスカウトマンという職業は「新宿スワン」で一般的に知られるようになりました。
一般的に見るとあまり良い印象は持たれませんが、人と人とを直接むすぶという意味で、インターネットが普及してつながりが形骸化している現代社会においては貴重な存在です。

また、スカウトマンへの紹介料は10日間出勤してから支払われるためキャストを採用してもなかなかお店に定着しない、という課題や悩みにもスカウトという方法は最適解なのではないでしょうか?

以上の理由からキャストの採用や定着について悩んでいる経営者の方はスカウトマンに頼んでみてはどうでしょうか?

水商売の経営に役立つノウハウをプレゼント



▼売上アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 売上UP編
▼税務調査の対策をしたい方▼
税務調査で知っておきたい4つの真実
▼開業して失敗したくない方▼
水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つのコツ


▼利益アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 リスク回避編
▼風営法対策をしたい方▼
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介
▼採用で失敗したくない方▼
キャバクラ経営者必見の面接まとめ&資料3点
▼勤怠管理を効率化したい方▼
簡単に始められるキャバクラ勤怠管理

スマホの人はLINEを登録して資料をゲット!
友だち追加