目指せ横領ゼロ!キャバクラ経営者に贈る横領対策5選

2016年12月、前橋市内のキャバクラにて、
従業員の給料袋から現金112万円を着服・横領したとして、経理兼副店長の従業員が逮捕されました。(出典:産経ニュース)

逮捕まで至らなくても、着服・横領というのは、キャバクラを始めとした水商売業界で頻繁に起こっています。

自分の店でも横領をされたことがある、周りの店で横領事件があったらしい、
というキャバクラ経営者の方は多いのではないでしょうか。

この記事では、不正に悩まされているキャバクラ経営者の方に向けて

  • キャバクラで起こる横領の手口
  • 横領への対策集

を紹介していきます。

キャバクラでの横領の手口とその対策を把握して、横領ゼロの店作りを目指しましょう!

キャバクラで起こる横領の手口4選

それでは実際に、キャバクラで起きている横領の手口を見ていきましょう。
手口だけでなく、横領が起こりやすいお店の特徴も紹介しますので、自分の店舗に当てはまっているなと感じたらすぐに調査することをオススメします。

伝票の改ざん・削除

スタッフが伝票を書き換えることで、簡単に横領ができてしまいます。

例えば、合計金額4万円の伝票があったとします。
レジでは客から4万円をもらっておいて、伝票からはドリンクを何個か減らして合計金額を3万円に改ざんします。
これにより、差額の1万円を懐に入れるという手口になります。

より悪質なのは、フリー客(指名なし)の伝票を削除・破棄して、その会計金額全てを横領するという手口です。

これらの手口は、伝票管理がずさんな店舗で発生することが多いです。

給料袋から現金を抜く

記事冒頭でご紹介した事件と同じ手口です。キャストや黒服の給料袋から現金を抜き取り横領するという手法です。

給料システムが複雑で、従業員が自身の給料額を把握できていない店舗で発生することが多いです。

架空キャストの利用

キャバクラでは、体験入店や派遣のキャストが働いていることが頻繁にあります。それを利用したのがこの手口です。
架空のキャストが体験入店や派遣で働いていることにして、そのキャストへの架空の給料を用意し、それを丸ごと自身の給料にするという手口です。

経営者ではなく従業員がキャスト管理をしている店舗ではよく起こります。

備品(主にボトル)の転売

店舗で仕入れたボトルを転売業者に転売するという手口です。

そのため、従業員による転売が頻発します。

飲み放題かつ在庫管理を行っていない店舗で起こりやすいです。

キャバクラ横領防止対策5選

横領は、気づいたとしても対処が非常に難しい犯罪です。

  • 横領した本人が蒸発することが多い
  • 警察や弁護士に相談するのに手間や時間がかかる
  • 1人による犯行ではなく、何人もが協力して横領をしていることもある

これらにより、犯人を特定したり、横領での損失を回収したりするのが困難になります。

一方、お店の金銭面での損失に加え、横領に気づいた他の従業員も横領に加担したり、仕事へのモチベーションが落ちてしまう可能性もある、絶対に発生を避けたい犯罪です。。

つまり、横領は未然に防ぐことが一番ということです。

すでに横領が起きた店舗の経営者さんは、二度と横領をされないよう、今から紹介する横領防止対策を実施して横領ゼロを達成しましょう。

抜き打ち調査

一番簡単な対策法であり、横領の種類を問わず有効です。
経営者自ら無告知で店舗に出向き、伝票を改ざんしていないかどうか、架空のキャストが働いていないかどうかなどの調査をしましょう、

例え、調査当日に怪しい動きが無かったとしても、抜き打ち調査をしている日としていない日で利益に差があれば、当日出勤している人に横領の有無を聞いてみましょう。

また、抜き打ちで経営者が調査に来るということ自体が横領への抑止力にもなります。

伝票に通し番号を記入

伝票の削除に対して有効です。

伝票に1,2,3,・・・,100と通し番号を振りましょう。
こうすることで、フリー客の伝票が削除されることを防ぐことができます。

手書きではなく、元から通し番号が振ってある伝票を用いることをオススメします。
ただ、この対策を実施しても伝票の改ざんは防げません

また、営業時に別の伝票を使われると対策ができないので、
抜き打ち調査も併用しましょう。

従業員名簿を用いて管理

架空キャストの利用に対して有効です。
従業員名簿に本人の自筆で個人情報を記入させることで、架空キャストを作られることを防止できます。

顔写真も貼るようにすると、より不正防止効果は高くなります。
また、従業員名簿は警察の見回りの際にも必要になります。
下記の記事で、従業員名簿の使い方・テンプレートの無料配布もしているので、
参考にしてみてください。
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介します(テンプレートあり!)

在庫管理

経営者自ら、もしくは在庫管理担当が週~月ごとに在庫管理を行いましょう。
その際に全てのボトルを数えていては大変なので、飲み放題で出さない高いボトルだけを管理するようにしましょう。

在庫管理担当を従業員に任せる場合は、
その従業員が1番横領を簡単にできる立場にいるということに注意してください。

キャバクラ専用のPOSレジを使用した横領防止策

ここまで、横領の手口とその対策法を見てきました。
どの手口も巧妙で、なかなか発見するのは難しいです。
これらが起こる根本的な理由は、水商売業界の特殊なシステムにあります。
紙伝票複雑な会計システムは、経営者からお店の実態を見えにくくさせるのです。

しかし、キャバクラ専用のPOSレジシステム「TRUST」を用いると、伝票の改ざん・削除、給料袋からの現金抜取りを防止することができます。

iPadで伝票管理をするから紙伝票の不正がなくなる

TRUSTは、iPadとクラウドで伝票管理を行うため、紙伝票では容易にできた伝票の改ざん・削除は不可能になります。

伝票の修正や削除がされたときは、経営者に通知が行くため横領を防ぐことができます。

給料が自動計算されるから給料の中抜きがなくなる

キャバクラ専用POSレジ「TRUST」は売上から自動でキャストの給与を計算します。

店舗ごとの複雑な給料体系・バックにも対応しているので、経理担当が給与額をごまかすことを防げます。

遠隔でiPadの画面が見れるからどこからでも店舗の状況がわかる

自宅のPC・スマホ・タブレットから店舗の状況を確認することが出来ます。

経営者自身が抜き打ち調査をすることは横領への抑止力にもなるので必須ですが、調査に来ていないときでも伝票状況が見られるということを知らせれば、伝票関係での横領をしようとする人はいなくなるでしょう。

横領の心配がなくなれば、従業員に店長を任せて複数店舗の経営に乗り出すことも出来ます。
その際、クラウドを用いたPOSレジなら全店舗の状況を確認することが出来ます。

TRUSTの利用にはiPadやレシート用プリンターなどの初期費用と月額料金もかかりますが、横領で日々数万円が抜き取られるリスクに比べれば、安いと感じられるはずです。

キャバクラ専用POSレジ「TRUST」の製品ページはコチラです。

まとめ:キャバクラでの横領は起こってからでは遅い!未然に防ぐための対策を!

いかがだったでしょうか?
本記事では、

  • 横領は経営者が管理していない部分で発生
  • 経営者が横領を厳しく取り締まることが一番の抑止力
  • キャバクラ専用POSレジシステムを用いて完璧な横領対策

について紹介してきました。

キャバクラで横領が起きた場合、犯人の特定や横領されたお金の回収は困難です。

再び横領が起きないように、この記事を参考にして事前対策を実施し、横領ゼロの店舗を作りましょう!

水商売の経営に役立つノウハウをプレゼント



▼売上アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 売上UP編
▼税務調査の対策をしたい方▼
税務調査で知っておきたい4つの真実
▼開業して失敗したくない方▼
水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つのコツ


▼利益アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 リスク回避編
▼風営法対策をしたい方▼
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介
▼採用で失敗したくない方▼
キャバクラ経営者必見の面接まとめ&資料3点
▼勤怠管理を効率化したい方▼
簡単に始められるキャバクラ勤怠管理

スマホの人はLINEを登録して資料をゲット!
友だち追加