キャバクラなら年収1000万円も夢じゃない?気になる年収を大公開

夜の華やかな世界であるキャバクラ業界
お客さんの中には大金持ちの人も多くいます。

そこで働いている人はいくらもらっているのか?

みなさんも一度はこのように思ったことがあるのではないでしょうか?

今回の記事では、キャバクラの経営者の年収についての気になる疑問に答えていきます。

  • キャバクラの経営者の年収が高いというのは本当か?
  • 繁華街のキャバクラでの年収はどれくらいか?
  • 都内周辺での年収はどれくらいか?
  • 地方のキャバクラの経営者年収はどれくらいか?

様々な業界の年収を知りたい方やこれからキャバクラの起業を考えている方は、是非参考にしてみてください。
それでは、キャバクラの年収を見る前に、キャバクラの経営者の年収が高いと言われている理由から考えていきましょう。

キャバクラ経営者の年収が高いと言われている理由

「キャバクラって儲かるらしいよ」
皆さんはこのようなことを耳にしたことはあるでしょうか?

このようなことが言われているのには2つの理由があります。

  • 一般的なキャバクラの印象
  • 実際の市場規模

キャバクラの経営者を目指している方は、キャバクラがどういった業界なのかを気にしながら読んで下さい。

キャバクラはお金持ちの遊びだと思われている

一般的な人はキャバクラと聞くと

  • 危ない人がやっているお店
  • セレブの遊び

このように考える傾向があります。
したがって、キャバクラは危ない人達が大金を稼いでいるお店といった印象を持つ人が出てきていると考えられます。
一昔前にはこのような店舗もありましたが、最近では健全な店舗が増えてきています。

キャバクラ・ガールズバー・スナックの市場規模は2兆円

市場規模とはその業界全体での規模を表しています。
2兆円と言われてピンと来ない人も多いかと思いますが、新聞業界や理美容と同じくらいの規模になります。
さらに、語学ビジネスや缶コーヒーの市場規模が1兆円ほどなので、これと比べるとキャバクラ・ガールズバー・スナックはかなり大きい市場だと言えます。
つまり、キャバクラ業界とは他の産業と比べても、大きい産業であると言えます。

キャバクラ経営者の年収はピンキリ

上記では「キャバクラ業界や経営者の印象」を見てきました。
ここからは、本題でもある実際のキャバクラ経営者の年収について見ていきます。
端的に言いますと、うまくやればキャバクラ経営は稼げます

しかし、稼ぐことができても、年収はピンキリです。
経験や業界の知識無しで始めた人でも、稼いでいる経営者はたくさんいます。

成功すれば複数店舗を経営すれば年収も上がる

最初は1店舗で始める人でも、成功すると複数店舗を経営することができます。
成功している経営者の中には、10店舗以上を経営している人もいます。
このように、複数店舗を経営することができれば、年収は飛躍的に上がります。

失敗すれば数年以内に店をたたむこともある

成功する人がいる一方で、経営がうまく行かずに失敗する人がいるのも事実です。
キャストやお客さんをうまく集められなかった場合には数年でお店を閉めることになります。
キャバクラではお客さんが来ない場合でも、キャストに給与を払い続けなければなりません。
キャバクラは普通の飲食店よりも人件費が高いため赤字になりやすい傾向があります。

キャバクラは成功しやすいとは言われていますが、必ず成功するわけではありません。

キャバクラは稼げるが年収は人それぞれ

今回の記事を作成するにあたり、何人かの経営者にインタビューを行いました。

そこから見えてきたことは、
「人によって大切にしている考え方は異なり、それによって年収もバラバラ」
ということです。

稼いだお金を全て自分のものにする経営者もいれば、キャストに還元する経営者もいます。

これは他の産業でも同じですが、経営者の年収は売上ではなく、大切にしている考え方によって大きく変わってきます。

キャバクラ経営者の推定年収を大公開

上記のことを踏まえて、キャバクラ経営者の年収を紹介します。

  • 都内の繁華街 500万~1億
  • 都内周辺 500万~2000万
  • 地方の繁華街 500万~5000万

ここでは上記の3つに分けて紹介していきます。

都内の繁華街のキャバクラでの推定年収

繁華街であれば1店舗だけでも5000万近い年収を得ることも可能です。

そして、都内での大きな特徴は複数の店舗を経営して、高額な年収を得ることが可能なことです。

一般的には、同じ地域でお店を出してしまうと、系列店舗同士でお客さんを奪い合うことになってしまいます。

しかし、都内であれば繁華街が多くあるため、簡単に別の地域に系列店舗を出すことができます。
よって、都内では10店舗以上を経営することも可能です。

都内にはお客さんが多いですが、ライバル店舗も多くあります。

したがって、しっかりとした経営戦略があり、他店と差別化できれば年収が上がりやすい環境であると言えます。

都内周辺のキャバクラ経営者の推定年収

都内周辺でのキャバクラ経営者は500万円から2000万円ほどの年収を稼いでいます。

この地域では、ターゲティングに成功した経営者の年収が高い傾向があります。
客層が多くない地域でも、固定客をうまく獲得している店舗は成功しています。
このようなお店では、お客さんの数も安定しているため、安定した年収をゲットすることができます。

地方のキャバクラ経営者の推定年収

地方でのキャバクラ経営者の年収は500万円から5000万円ほどです。

地方でも大阪、福岡、札幌などでは一店舗で数千万円の年収をゲットすることができます。
最近では、地方でもキャバクラが一般的になってきているため、高い年収を得る人が増えています。

水商売開業でお困りではないですか?


「水商売を始めたいけど何をすればいいのか分からない」
「水商売の開業に関する情報が少なくて困っている、、」

このようなお悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。
そのような方に向けて今回水商売開業に関する特別資料をご用意しました。

こちらの資料は無料でダウンロードすることができます!
こちらの資料を読むことで、水商売開業がスムーズに進むはずです。

この機会にぜひ参考にしてみてください。

水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つコツ

まとめ:キャバクラをしっかり経営して年収1000万円以上を目指せ!

今回の記事ではキャバクラで働く人の年収を見てきました。
これからキャバクラで開業を考えている人は、将来の年収の一つの目安にしてください。

キャバクラは都内の繁華街のほうが稼ぎやすいと思われていますが、実際には地方や都内周辺で稼いでいる経営者も多くいます。

しっかりと戦略を立ててから経営すれば、地域に関係なく高い年収を得られる職業だと言えます。

キャバクラ業界は他と比べると不正が多いと言われています。したがって、税金を全く払わずに、利益全てを自分の年収にしている経営者もいます。

今回の記事では、売上と利益をしっかりと管理して、税金を適切に払っている店舗へのインタビューを行って書きました。

ご協力頂いた経営者の皆様、ありがとうございました。

水商売の経営に役立つノウハウをプレゼント



▼売上アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 売上UP編
▼税務調査の対策をしたい方▼
税務調査で知っておきたい4つの真実
▼開業して失敗したくない方▼
水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つのコツ


▼利益アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 リスク回避編
▼風営法対策をしたい方▼
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介
▼採用で失敗したくない方▼
キャバクラ経営者必見の面接まとめ&資料3点
▼勤怠管理を効率化したい方▼
簡単に始められるキャバクラ勤怠管理

スマホの人はLINEを登録して資料をゲット!
友だち追加