経営者必見!キャバクラやスナックでの領収書の書き方を徹底解説します!

これから開業するけど、領収書の書き方がわからない
お客さんから、宛名は書かないでくれって言われたけど、法律に違反していないか心配

このように思う経営者の方も多いかと思います。特にこれから開業する方や、急にお客さんから頼まれたときは領有書の正しい知識がないと不安になります。また、キャバクラの領収書について調べてみてもいまいちわからなかった方もいるのではないでしょうか?

この記事では、そんな方のためにキャバクラやスナックでの領収書について解説します。領収書についてしっかり理解しましょう。

今回は、以下の2点について解説します。

  • 領収書の書き方
  • 領収書でのトラブル

それでは早速、領収書の書き方を説明します!

キャバクラやスナックでの領収書の書き方

領収書とは、商品やサービスに対して確実にお金を支払ったことを証明するための文書です。よって、支払った本人の名前や払った日にちや内容を記載する必要があります。

そのため、記載に漏れがあると領収書として認められない場合があります。以下を理解して領収書について、理解するようにしましょう。
本物の領収書を貼付

発行者の氏名や名称

領収書を発行しているお店の情報を記入します。記入する代わりにゴム印を押印しても良いです。角印や担当者の印鑑によって、領収書の原本であることを証明することができます。

発行日付

領収書を発行した日付を記入します。領収書とは、お金を受け取った証として発行するものですので、お金を受け取ったあとに発行し、渡すようにしましょう。

但し書き

お客さんに渡す領収書の但し書きは「飲食代として」と記入しましょう。キャバクラとスナックは飲食店業に属するためです。

また、仕入れ等で領収書を発行してもらう場合は、具体的な品目を記入してもらうようにしましょう。もし、「お品代として」という但し書きだった場合は経費として認められない可能性があります。経費は経営において非常に重要なので、なにが経費で落とせるかを確認すべきです。

金額

支払われた金額を税込みで記入します。
金額の改変を防止するため、以下の3つの記入例があります。

  • ¥○○,○○○ー
  • ¥○○,○○○※
  • 金○○,○○○円也

3桁ごとの,(カンマ)を忘れずに、大きいサイズで記載するようにしましょう。

宛名

会社名は(株)と省略せずに株式会社と記載するようにしましょう。初めてのお客さんや、聞き取りにくい名前や会社名の場合は、間違いを防ぐために名刺をもらいましょう。もちろん、領収書に記入した後は名刺をお返ししましょう。

また、キャバクラやスナックは飲食店業ですので消費税法により宛名なしの領収書を発行することができます。しかし、税額控除や税務調査でのトラブルを避けるために、宛名は記入したほうが安心です。

事実証明の一文

支払われたお金の受領を記した文章がなければ、領収書として認められません。そのため「上記正に領収いたしました」と領収書にいれるようにしましょう。

水商売の新常識!概算伝票やレシートも自動で作成できるPOSシステム

キャバクラやスナックでの領収書のトラブル

領収書について理解していないと、知らないうちに法律違反になってしまいます。また、警察の立ち入りや覆面調査後に過去の領収書の提出を求められることがあります。
そこで、提出や対応ができるように以下をしっかり理解しましょう。

領収書偽造

お金や日付を偽造して領収書を作成することは私文書偽造の罪になります。
そのため、いくら頼まれても、偽造はしないようにしましょう。

領収書の二重発行

前にも書いたとおり、領収書はお金を受領した証書です。
そのため、一枚目の領収書を処分せずに二枚目の領収書を発行すると架空取引をしたことになり、不正に売上を計上したとみなされてしまいます。
二重発行を防止するために、以下を実行しましょう。

  • 領収書の二重発行に応じることができない旨を記載しておく
  • 二枚目の発行を求められたら、一枚目は破棄するようにする

印紙税法違反

収入印紙を貼り忘れると過怠税が課されてしまいます
現金で5万円以上の支払いがあった場合は、収入印紙の貼付および消印をしなければいけません。

クレジットカードでの支払いの場合は、「クレジットカード払い」や「クレジットカード利用」などの注釈を書くことで、収入印紙の貼付を省略することができます。

税額控除

領収書の項目の記載に漏れがあった場合、消費税の仕入税額控除を受けることができない可能性があります。
項目は以下の通りです。

  • 書類作成者の氏名や名称
  • 取引発生年月日
  • 取引内容
  • 取引金額(税込)
  • 宛名

税務調査

お店の経営が個人事業主か法人かにかかわらず、領収書は7年間の保存期間が定められています。領収書は紙での保存が原則ですが、税務署長の承認を得れば、電子データでの保存も可能です。

TRUSTを使えばキャバクラでの領収書の管理がラクになる!

POSシステムの「TRUST」は、会計や売上のデータをクラウド上で何年間も保存することができます。また、会計後にはワンタッチで領収書を発行することができます。これにより紙の領収書を準備、保管する必要がなくなります。

また、POSシステムを導入すれば、以下の仕事を効率化、短時間化することができます。

  • 業務効率化
  • 給与計算
  • キャスト管理
  • 不正防止
  • 売上向上
  • 雰囲気演出

TRUSTを使うことで領収書をラクに管理しながら、その他の業務も改善していきましょう。
POSシステムの「TRUST」は、業界NO.1のシェアを持つキャバクラ向けの会計システムです。
導入コストの低さと、先進的な店舗管理システムを兼ね備えています。iPadならではの操作性の良さも抜群です。

領収書を管理して安心して営業しよう

日報作成や給与計算など、キャバクラの店長が行う仕事は膨大です。そのため、領収書の管理はついつい後回しにしがちです。領収書の管理だけでなく、キャストや黒服への教育もなかなか出来ていない方も多いかと思います。

これからは、この記事を参考に領収書をしっかり記入し、管理するようにしましょう。

水商売の経営に役立つノウハウをプレゼント



▼売上アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 売上UP編
▼税務調査の対策をしたい方▼
税務調査で知っておきたい4つの真実
▼開業して失敗したくない方▼
水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つのコツ


▼利益アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 リスク回避編
▼風営法対策をしたい方▼
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介
▼採用で失敗したくない方▼
キャバクラ経営者必見の面接まとめ&資料3点
▼勤怠管理を効率化したい方▼
簡単に始められるキャバクラ勤怠管理

スマホの人はLINEを登録して資料をゲット!
友だち追加