スナックにカラオケを導入したい!機器の選び方と導入時の注意点は?

伝票10円キャンペーン

カラオケといえば、スナックに欠かせない重要なアイテムの一つですよね。多くのお客様がカラオケを楽しみにスナックを訪れます。

ですが、カラオケを導入しているお店が摘発を受けたりトラブルを起こしてしまった例もあり、カラオケの扱いには注意が必要です。
また、新たにスナックを開業する方は、どの機種のカラオケ機器を、どこから調達すべきか迷っているかもしれません。

そこで今回は、

  • スナックでカラオケを導入するときの注意点
  • カラオケ機器の機種や業者の選び方
  • お客様がカラオケを楽しめるようにする工夫

を説明します。

スナックにカラオケを導入する前に注意したい2点

スナックにカラオケを導入するときに注意が必要なのは、主に風営法騒音の二点です。

風営法を確認しよう

スナックでカラオケを使いたい際、風営法の中の「接待行為」と「遊興行為」という項目に注意しましょう。

接待行為

スナックは多くの場合、「深夜酒類提供飲食店」として届け出を出して営業しています。深夜酒類提供飲食店では、接待行為をすることはできません。
接待行為の中に、従業員が特定の客の歌を褒めはやしたり、一緒に歌ったりすること、歌やダンスなどのショーが含まれています。
つまり、従業員がお客様とデュエットしたり、盛り上げるために合いの手や拍手をしたりすること、歌って見せることは摘発の対象となってしまいます。

このようなことをしたい場合は、風俗営業許可を申請しましょう。ただし、その場合、深夜0時以降の営業はできません。
接待行為に関して詳しく知りたい方は、ガールズバー経営者が絶対に知っておくべき接待の基準の記事をご参照ください。

遊興行為

遊興行為は、深夜0時までと定められています。
遊興行為の基準は曖昧ですが、簡単に表すと、お店が客に積極的に遊びを勧めることです。
カラオケについては、お店が客に歌うことを勧めたり、スポットライトを当てたりすることが遊興行為に当たります。
深夜0時を超えてこのような行為をしないようにしましょう。

騒音・振動に注意

騒音や振動の度合いは、風営法と地域の条例によって基準が定められています。また、この基準を守っていた場合でも、騒音に関して近所の方と揉めてしまうこともあります。

お店を開業する際は、防音設備をあらかじめ整えておきましょう。また、近所の方とトラブルにならないよう日頃から交流を心がけ、信頼関係を築いておくことをおすすめします。

スナックでのカラオケ機器の選び方

カラオケ機器を設置するとき、

  • 購入するかレンタルにするか
  • どの機種を選ぶか
  • どの業者から調達するか

など様々な選択肢があります。
それぞれを比較したうえで、自分の予算と相談して決定していきましょう。

レンタルか購入か

レンタルの際の料金は、情報料や周辺機器などを含め月額3万円から5万円程度です。初期費用が低いので、開業費用を抑えたい方におすすめです。
また、契約期間が過ぎれば交換することもできるので、新しい機器を使うことができます

一方、新品のカラオケ機器の価格は、約100~300万円程度です。これに月々1~2万円程度の情報料がかかります。長期間使う予定であれば、購入する方が最終的に安く済みます。

カラオケ機器は何を選ぶべき?

カラオケ機器には主に2つ、

  • 第一興商の「DAM」
  • エクシングの「JOYSOUND」

があります。お店によって重視するポイントは異なりますが、参考にしてみてください。

DAMの特徴は、音質の良さや本人映像の多さ、精密な採点です。
一方、JOYSOUNDは曲数が多い点が強みです。また、最新機種のJOYSOUND MAXでは大幅に音質が改善されています。

両者とも複数のカラオケ機器が揃えられていますが、デザインや曲のラインナップなどがナイト向けに作られた機器もあります。DAMからはCyber DAM HD、JOYSOUNDからはJOYSOUND 響が販売されています。

周辺機器とそれらの設置について

カラオケの周辺機器には、マイク、モニター等があります。カラオケ機器をレンタル・購入する際、ほとんどの場合周辺機器も付属品としてついています。
また、それらの設置も業者が行ってくれる場合がほとんどです。

中古を購入する方法も

費用をなるべく抑えたい方には、中古のカラオケ機器もおすすめです。10万円程度から購入することができます。ただ、周辺機器はついておらず、カラオケ機器単体での購入になるので注意が必要です。

見積もりは複数の業者に

業者によっては、新規のお客に割高な値段を提示してきます。複数の業者に見積りしてもらい、お得に契約できる業者を見つけましょう。

カラオケ導入時の裏技

設備関係に詳しい内装会社や、カラオケを導入している他のお店のオーナーから紹介してもらうと、割引を受けられることもあります。

また、弊社は「JOYSOUND MUSIC PARTNER(ジョイサウンドミュージックパートナー)」です。お店にJOY SOUNDを導入するとき、通常価格より安くご紹介できます。
具体的な価格や詳細については、弊社にお問い合わせください。

スナックでお客様にカラオケを楽しんでもらうためのポイント

上述したように、深夜酒類提供飲食店として登録されたスナックで、従業員がデュエットや合いの手をすることは風営法で禁止されています。
しかし、せっかくカラオケを導入するなら、お客様に楽しんでもらいたいですよね。

スナックでお客様がカラオケを楽しめるようにするコツを大公開します。

お客様が歌いやすい雰囲気作りを

合いの手や手拍子ができなくても、ママやマスターがお客様の歌を聴くことは重要です。聴いている、と思うことがお客様の安心感となり、楽しく歌っていただけます。
また、お店の客層からカラオケの定番曲を把握しておくこともおすすめします。

デュエットの断り方

常連さんに言われると、デュエットもなかなか断りづらいものです。予めメニューに断りを入れておくなどの工夫をしましょう。

お客様が安心して通えるお店作りを

カラオケはお客様がスナックを楽しむための重要な要素です。ただ、お客様に繰り返し足を運んでいただけるお店にするためには、それだけでは不十分です。

何度も来ていただくためには、お客様に安心感を与えることが必要です。
馴染みのママやマスター、スタッフとの会話や居心地の良い空間、そして信頼できるお会計により、安心できるお店をつくりましょう。

POSレジTRUSTで信頼できる会計を

スナックなど水商売のお店に初めて行くとき、料金の心配をする方は多いです。伝票に詳細が書かれていなかったり、言い値と違う内容が書かれていたりするなど、水商売には不正のイメージがあるのです。
逆に、明瞭な会計をしていれば、他のお店より良いイメージを持ってもらうことができるのです。

そこで、弊社のPOSレジTRUSTをおすすめします。
きちんとした会計をしようとしていても、書き間違えてしまったり、計算ミスをしてしまうこともありますよね。このPOSレジを使用すれば、iPadで簡単に注文を記録でき、売上も自動で正確に計算してくれます。
つまり、POSレジTRUSTを使うことで、明朗会計ができるのです。

まとめ:スナックにカラオケを導入するときのポイント

スナックのカラオケ導入に関して、

  • 注意すべきポイント
  • カラオケ機器の選び方
  • カラオケを楽しんでいただく方法

についてまとめました。

スナックの必需品・カラオケで、お客様が繰り返し通うお店を目指しましょう!

伝票10円キャンペーン

水商売の経営に役立つノウハウをプレゼント



▼売上アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 売上UP編
▼税務調査の対策をしたい方▼
税務調査で知っておきたい4つの真実
▼開業して失敗したくない方▼
水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つのコツ


▼利益アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 リスク回避編
▼風営法対策をしたい方▼
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介
▼採用で失敗したくない方▼
キャバクラ経営者必見の面接まとめ&資料3点
▼勤怠管理を効率化したい方▼
簡単に始められるキャバクラ勤怠管理

スマホの人はLINEを登録して資料をゲット!
友だち追加