クレジットで簡単決済!キャバクラ経営者が知っておきたいカード決済

「カード決済では高い手数料を取られてしまう」
「一番安い手数料の会社はどこなんだ?」

キャバクラなどの水商売では、他の業態と比べてクレジットカードの手数料が高い傾向があります。
さらに、不正や給与手渡しなどの習慣から、キャバクラでは現金が一般的になっています。

しかし、現代では手数料が他と変わらないカード決済サービスが出てきました。
さらに、現金の振込も最短で翌日に行ってくれます。
これを知らないと大きな損をしています。

そこで今回の記事では、

  • キャバクラでのカード決済の問題点
  • 現在のクレジットカードの需要
  • 超オススメのカード決済方法

を見ていきます。

今まで高い手数料を払っていた人やこれからカード決済を導入しようとしている人は参考にしてください。

キャバクラでカード決済が広まらない理由

まずは、キャバクラでこれまでにカード決済が広まってこなかった理由を紹介していきます。
クレジットカードに対応していても、あまり使われることがなかったり、カード支払いを嫌がる店舗もあります。

  • 手数料
  • 不正
  • 給与が日払い

今回はこの3つに注目して考えていきます。

お店側はクレジットカード手数料を払わないといけない

クレジットカードでの支払いに対応するには、店舗は料金に応じた手数料を支払わなければなりません。
この手数料は、業種やお店によって変わってきます。

  • 飲食店 4%程度
  • コンビニ 1%程度
  • 小売店 3%程度

手数料はお店の信頼によって変わってきますが、飲食店でも5%程度だと言われています。

それに比べ水商売のお店では、業界としての信用が低いため手数料が5~7%と高く設定されています。
カードでの売上が10万円だった場合は5000円~7000円ほどの手数料がかかります。

さらにクレジットカードのサービスを導入するときに決済端末費用として、初期費用がかかる場合があります。

このようにカード決済には様々な料金がかかります。

キャバクラでは現金が大事

キャバクラでは給与を現金の手渡しで行っています。さらに、派遣への給与の日払いなどで現金がその日に必要になることが多いです。
したがって、常に現金を手元においておく必要があります。
しかし、カード支払いの場合では現金が振り込まれるのは翌月になってしまいます。
これにより資金繰りが難しくなることがあるため、店舗側ではカード支払いを嫌がります。

不正ができない

カード支払いを行うとデータが残るため、不正ができなくなります。経営者からすると不正がなくなることは良いことですが、現場からすると営業がやりづらくなります。
不正は絶対にやってはいけませんが、水商売のお店では税金対策として不正を行っているお店が多くあります。

カード手数料をお客さんから取ることは法律違反

カード会社に手数料を払いたくないお店は、お客さんから利用手数料を取ることがあります。
クレジットカード支払いの人は10%ほど多く支払う仕組みにしています。
これには2つの良い点があります。

  • お店がカード手数料の負担をしなくていい
  • 手数料を嫌がって、現金支払いが増える

このような利点から多くのお店でお客さんから利用手数料を取っています。
しかし、お客さんから利用手数料を取ることは法律で禁止されています。
取り締まりが厳しくないために黙認されていますが、今後厳しくなる可能性があるので、注意してください。

キャバクラでカード利用手数料を低くするメリット

多くの店舗では10%の手数料をとっているため、お客さんとしてはカードを使うことを遠慮しがちになります。
お客さんの中には、
「延長したいけど、現金がないからやめておこう」
「キャバクラ行きたいけど、現金持ってないからやめよう」
このように思っている方もいます。

ここでは、キャバクラがカード決済手数料を安くするメリットを紹介していきます。

お客さんが持っている現金に関係なく遊んでくれる

上記で説明したようにお客さんは手持ちの現金の範囲内で遊ぼうと考えています。
そのため、現金がない時は延長やキャバクラに行くことを遠慮しがちになります。

しかし、カード決済を導入すれば、
「延長のお時間になりましたが、どうなさいますか?」
「現金がないから帰ろっかな~。カードは手数料が高いから」
「本店では、カード手数料は頂いておりません」
「お!マジか!なら延長しようかな」

このような対応ができれば、延長のお客さんも増えていきます。

他店と差別化になる

最近では手数料を取らないお店も増えてきていますが、まだまだ取っているお店も多くあります。
よって、カード手数料を取らないことは他店との差別化になります。
これだけでライバル店舗に差をつけることができます。

キャバクラでオススメのカード決済

まだカード決済を導入していない店舗や手数料の高い機器を使っている方は、Squareや楽天などのスマホ対応型の端末がオススメです。
スマートフォンのイヤホンを刺すところに装着するだけで、簡単にカード決済ができます。
ここではSquareを例にとって、メリットを紹介します。

簡単に導入できる

Squareはネットで申し込むことで簡単に始めることができます。アカウントの発行は無料です。さらに、アカウントの維持費やキャンセル料も一切かかりません。
簡単な審査を終えるとすぐに使えるようになります。最短で当日、通常ですと3~5営業日で審査結果のメールが来ます。
その後はお使いのスマホで専用アプリをダウンロードします。最後にカードリーダーを公式ホームページから購入します。
カードリーダーは4980円です。

導入手順

  1. アカウントを発行
  2. 利用の申請
  3. 専用アプリをダウンロード
  4. カードリーダーの購入

カード手数料が安い

カード手数料は業種にかかわらず一律で3.25%です。キャバクラと言うだけで高い手数料を取られていた他の会社と違い、Squareでは全ての業種で同じ料金です。

数字にしてみると数パーセントですが、年間の売上で考えると大きな金額になってきます。

入金が最短で翌日に行われる

現金が大事になってくる水商売の店舗にとって、お金の入金日は重要です。Squareではカード売上が翌日に振り込まれます。
これにより、次の日には現金が手に入るため、手渡しで給与を渡すときも心配ありません。

カード決済をPOSレジと連動させて賢く経営する

最近のキャバクラではPOSシステムの導入が一般的になってきています。
Squareなどのカード決済とPOSレジを連動させることで、日報作成や給与計算といった業務が大幅に楽になります。
この機会に是非検討してみてください。

まとめ:キャバクラでのカード決済はスマートに!

今回の記事ではキャバクラでのカード決済について見てきました。
今までは、現金主義であるキャバクラにとってはカード決済は避けていたい課題でした。しかし、現在ではSquareのような便利なシステムがたくさんあります。

また、給与の日払いや、現金を手元に置いておく必要性から現金主義が根強く残るキャバクラにおいて、

  • 手数料が安い
  • 入金日が早い

この2点は今までの常識を覆します。。

さらに、使い方も簡単です。自分のスマホやiPadのポスシステムで簡単にカード決済ができるようになります。
今までに普通のカード決済を使っていた人やカード決済の手数料を支払うのが嫌で導入していながった人は、この機会に是非検討し直してみてください。

水商売の経営に役立つノウハウをプレゼント



▼売上アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 売上UP編
▼税務調査の対策をしたい方▼
税務調査で知っておきたい4つの真実
▼開業して失敗したくない方▼
水商売開業を徹底ガイド!失敗しない開業の4つのコツ


▼利益アップをしたい方▼
収入UP虎の巻 リスク回避編
▼風営法対策をしたい方▼
従業員名簿は必要!風営法の基準と書き方を紹介
▼採用で失敗したくない方▼
キャバクラ経営者必見の面接まとめ&資料3点
▼勤怠管理を効率化したい方▼
簡単に始められるキャバクラ勤怠管理

スマホの人はLINEを登録して資料をゲット!
友だち追加